ここから本文です

羽生結弦、五輪連覇から2年 五輪公式が伝説SEIMEI完全版公開「何度観ても鳥肌が…」

2/17(月) 17:03配信

THE ANSWER

平昌五輪で達成した連覇から2年、五輪公式SNSがフリー演技をノーカット公開

 フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)は平昌五輪で男子史上66年ぶりとなる歴史的快挙を達成した。あれからちょうど2年となる17日、オリンピック公式ツイッターは「2年前の今日、羽生結弦選手がオリンピック2連覇を達成」と題し、伝説の名演技をノーカット公開。ファンに感動を甦らせている。

【動画】「何度観ても鳥肌が…」と反響! 羽生の五輪連覇から2年、甦る感動…五輪公式が公開した「SEIMEI」ノーカット演技の一部始終

 あの伝説から、もう2年が経った。2018年2月17日、男子フリー。勝負をかけたシーズンに再演を決断した「陰陽師」の「SEIMEI」に乗せ、魂の滑りを見せた。痛めていたはずの右足でジャンプを着氷。冒頭の4回転サルコーから次々と降り、気迫の演技で4分間を演じ切った。滑り終えると、金メダルを確信した羽生は絶叫。プーさんのぬいぐるみが氷上を染め、感動に包まれた。

 往年の名選手ディック・バトン氏以来、実に66年ぶりの連覇。22歳が五輪史に伝説を刻んだ瞬間だった。五輪の日本語版公式ツイッターは「2年前の今日、羽生結弦選手が平昌2018フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得しオリンピック2連覇を達成」と記し、実際の演技をノーカット公開。4分51秒に渡って、感動を甦らせている。

 投稿には「今観ても、あの時の感情が沸き上がる」「何度観ても、鳥肌が出てしまう素晴らしい演技」「最高の記念日です」などと感激したファンのコメントが続々。あれから羽生は国民栄誉賞を受賞し、今季は今月の4大陸選手権で「SEIMEI」を五輪連覇以来に公式戦で投入し、男子初の「スーパースラム」の快挙を達成した。羽生の伝説に、まだ終わりは見えない。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/17(月) 17:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ