ここから本文です

英国ブランドが語る新型コロナの影響 「バーバリー」は4月の上海でのショーを延期

2/17(月) 17:00配信

WWD JAPAN.com

新型コロナウイルスの影響が英国ブランドにも及んでいる。中国では2月10日より企業活動が再開されたが、オフィスワーカーの在宅勤務というケースが多く、出勤が不可欠な工場ではまだ操業停止となっている場合が少なくない。新型コロナウイルスが発生した武漢市を抱え、被害状況が最も深刻な湖北省では、医療品などの必需品を製造していない工場は2月21日まで操業停止措置を取るよう省政府が通達している。また、「ユニクロ(UNIQLO)」やさまざまなデザイナーズブランドの生産を請け負っている中国のシェンフェン・グループ(CHENFENG GROUP)でも、工場の操業を停止している。

【画像】英国ブランドが語る新型コロナの影響 「バーバリー」は4月の上海でのショーを延期

「バーバリー(BURBERRY)」は4月23日に上海で20-21年秋冬コレクションのショーを開催する予定だったが、延期を発表した。新たな日程はまだ決定していない。同ブランドは2月7日の時点で中国本土にある64店のうち24店を一時的に休業している。

2020-21年秋冬シーズンのコレクションは、2月14~18日のロンドン・ファッション・ウイーク、2月18~24日のミラノ・ファッション・ウイーク、2月24~3月3日のパリ・ファッション・ウイークと続く。ロンドンと上海を拠点とするブランド「シャオ リー(XIAO LI)」のシャオ・リー=デザイナーは、「中国で取引している工場のほとんどが操業していない。私の作品にはデニム、ニットウエア、シリコン製のアクセサリーを必要とするものがあるが、いずれの工場も動いておらず、パリ・コレクションに向けてどうすればいいのかも分からない」と語った。

やはりイギリスと中国で事業を展開する「スティーブン タイ(STEVENTAI)」のスティーブン・タイ=デザイナーによれば、同ブランドの工場があるマカオでも新型コロナウイルスの影響は大きく、マカオ政府は感染拡大を防ぐために主要産業であるカジノの営業停止措置に踏み切ったという。「仕事を含め、不要不急の外出を控えるよう政府がアナウンスしている。そのため生地などが届かず、コレクションも60%程度しか完成していないので、ストーリー全体を考え直さなければならない」と述べた。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 17:31
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ