ここから本文です

大企業に就職したのに「30歳でリストラ予備軍」、なぜそうなった?

2/17(月) 8:55配信

週刊SPA!

 政府の後押しもあり、副業を推奨する流れが着々と広まってきている日本。しかし副業に熱心になるあまり、肝心の本業の方が疎かになってしまっては本末転倒だろう。社内評価が悪くなれば不本意にも『リストラ予備軍』として認定されてしまう可能性は他人事ではなく十二分に起こり得るのだ。

 山脇周平さん(仮名・30歳・男性)も自分が『リストラ予備軍』なのではないかと不安を抱える副業リーマンの一人。本業の大手の化学メーカー(仮)に勤務する傍ら、副業でメンズエステを3店舗経営、オープンした初月にして約80万円の利益を叩き出した猛者だ。熱心に副業活動に精を出す一方、本業では約700万円という高い年収と毎日定時上がりながら、窓際族という立場に甘んじている。今回、そんな彼に入社後の経歴と現在の状況、社内評価ついてご自身の口から説明してもらった。

「まず、このまえのSPA!は笑いました。ここに載ってること、全部自分に当てはまるんですもん」

 そう言って山脇氏が見せてくれたのはSPA!12月17日号の特集「OVER45 リストラ回避術」内でのアンケート結果だ。

Q あなたの会社の「リストラ予備軍」の特徴は?
(複数回答)

1位 能力不足でまかせられる仕事がない 50票

2位 就業中に何をしているかわからない 45票

3位 仕事の質に対して給料に割高感がある 39票

4位 目標未達や仕事上の手抜きが目立つ 33票

5位 これ以上出世できないのが公然の事実 28票

6位 職場でのネガティブ発言が多い 24票

7位 若手社員と思考にギャップがある 18票

8位 その人がいなくても仕事が進む 15票

9位 身だしなみに無頓着 9票

10位 キャリア研修などの対象になっている 6票

11位 本業よりも副業に精を出している 3票

対象/人事部署および管理職として勤める男女100人(調査期間:11月18~21日)

1/3ページ

最終更新:2/17(月) 8:55
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ