ここから本文です

東京に集結した世界の甘いスイーツ達 各国のケーキやプリンに惚れてまう♡

2/17(月) 7:00配信

CREA WEB

 世界各国のデザートが集結する東京。

 都内に居ながらにして、まるで現地に滞在しているかのような気分にさせてくれる絶品おやつを紹介! 

【画像】東京駅グランスタの最新スイーツ ベスト10

RALPH’S COFFEE OMOTESANDO[表参道]

アメリカンクラシックな 味と雰囲気を満喫
Fromアメリカ

 ラルフ ローレンが手がけるカフェの日本1号店。

 N.Y.のレストラン「THE POLO BAR」のメニューを再現した5レイヤーのラルフズ チョコレートケーキ(950円)は、ずっしりと濃厚。

 食べ応えあるアメリカンサイズもうれしく、クラシカルな雰囲気も本場さながら。

RALPH’S COFFEE OMOTESANDO

所在地 東京都渋谷区神宮前4-25-15電話番号 03-6438-5803営業時間 9:00~20:00、金・土曜9:00~21:00定休日 不定休座席数 40席https://www.ralphlauren.co.jp/ja/news/ralphs-coffee-jp

ポンチキヤKIKUNODAI[調布]

レトロなカフェで “ドーナツの元祖”を頬張ろう
Fromポーランド

 ドーナツの起源とも言われるポーランドの伝統菓子、ポンチキの専門店。

 二度発酵させて2日かけて仕込む生地は、中はふわっと外はサクサクの食感が魅力。ダマスクローズジャム入りの薔薇ポンチキ(320円)や、チョコクリーム入りの濃チョコレートポンチキ(260円)は必食。

ポンチキヤKIKUNODAI

所在地 東京都調布市菊野台1-27-20営業時間 11:30~20:00定休日 水・木曜座席数 10席http://poland.saleshop.jp/

Binowa Cafe[渋谷]

世界中を旅して見つけた郷土菓子を再現
Fromインド、アゼルバイジャンetc

 世界を旅しながら郷土菓子を研究する林周作さんの店。

 粗糖クルミのフィリングを無糖の生地で包んだアゼルバイジャンのシェチェルブラ(400円)や、ひよこ豆をギーで炒めて固めたインドのベサン ラドゥ(2個 450円 ※各税込)など、未知なるお菓子に出合える。

Binowa Cafe

所在地 東京都渋谷区神宮前6-24-2 原宿芳村ビル2F電話番号 03-6450-5369営業時間 14:00~20:00、土・日曜・祝日12:00~18:00定休日 不定休座席数 20席https://www.kyodogashi-kenkyusha.com/cafe/

甘露(カンロ)[西早稲田]

滋養と美容効果の高い 広東省順徳のご当地スイーツ
From中国

 日本人と中国人のご夫婦が営む、中国の伝統的なデザートと種類豊富な中国茶が味わえるカフェ。

 広東省名物のミルクプリン・双皮奶に、滋養に効く桃の樹液や桃膠と白玉をのせた桃膠丸子双皮奶(680円)は、都内では滅多にお目にかかれない一品。素朴な甘さがクセになる。

甘露(カンロ)

所在地 東京都新宿区西早稲田3-14-11電話番号 03-6823-5484営業時間 11:30~18:00定休日 木曜座席数 20席https://www.kanro.tokyo/

Ayano Sakai

最終更新:2/17(月) 7:00
CREA WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事