ここから本文です

家庭でできるエアコン掃除、ほこりは掃除機と歯ブラシで除去

2/18(火) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 エアコンのカビや異臭の原因はほこり。でも普段からほこりを取れば、大掛かりな掃除をせずとも清潔に保てます。今回は家庭でできるエアコン掃除のポイントを習得しよう。

●教えてくれた人松浦純子さん(61才)/家事代行サービス「CaSy」にて、延べ1000軒の家をきれいにしてきたベテランスタッフ。

 室内の空気と一緒にほこりも吸ってしまうエアコンは、家庭でのこまめな掃除が必要。しかし、松浦さんによれば、自分で掃除する場合は手の届く範囲のほこりを取れば充分だという。

「エアコン内部からの風が通るフィルターは、きれいにしておかないとほこりを室内にまき散らしてしまいます。月1回は掃除したいですね」(松浦さん)

 加えて、本体カバーと本体の表面のほこりも取り除きたい。

「季節の変わり目に年4回ほど掃除するときれいな状態を保てます。本体内部は自力では危険なので、2~3年に1度、業者に頼むと無難です」(松浦さん)

 また、エアコンは水分を使って温度調節を行うため、室内機で水分を発生させる冷房時はほこりが濡れて掃除が大変。一方、冬はほこりが乾いているため取りやすい。まずは冬に今までの汚れをしっかり落としておけば、今後の掃除が楽になる。

【フィルターのほこりは掃除機と歯ブラシで取る】

【1】掃除機でフィルターのほこりを吸う

 ほこりがエアコン内部に落ちないよう、フィルターを外す前に掃除機でほこりを吸い取る。フィルターがエアコンの奥にあるタイプの場合は、掃除機が届かないため、この工程は行わなくてよい。

【2】浴室で歯ブラシを使って水洗い

 フィルターを外したら、浴室などで不用な歯ブラシを使って細かいほこりをかき出しながら水洗いする。汚れがひどい場合は、中性洗剤を直接フィルターにかけてから掃除するとよい。その後、浴室の壁に立てかけて完全に乾かす。

 濡れたまま取り付けると、エアコンの故障やカビの原因になるため注意!

【本体カバーの表面は拭き掃除できれいに】

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 16:39
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ