ここから本文です

高速の電光掲示板に取り締まり中の表示がされる「ルーレット族」ってなに?

2/18(火) 6:21配信

WEB CARTOP

首都高では「ルーレット族」大阪の環状線は「環状族」と呼ばれた

 取り締まりの強化だけでなく、ベース車となるスポーツカーの減少、交通量の増加、場所によっては夜間封鎖などで、最近は走り屋も激減している。ひと口に走り屋といってもいろいろで、峠や埠頭でのドリフト族、湾岸線などでの最高速アタック。さらにはゼロヨンや環状線のタイムトライアルなど、細かく分かれていた。

後続車に「大迷惑」な前走車の違反行為6選

 これらはすべて公道を走るので違法行為だが、一番危険度が高かったのは環状線のタイムトライアルかもしれない。実際の呼び名は東西で異なっていて、大阪の環状線は環状族と呼ばれ、首都高の都心環状線の場合はルーレット族と呼ばれていた。

 1990年代後半あたりが全盛期で、何度か取材したが、走っている本人達は自らをルーレット族とは呼んでおらず、首都高タイムアタックなどと言う程度で、とくに固有の名称はなかったように思う。いずれにしても、首都高の都心環状線をグルグルと回るというのがルーレット族の語源だ。

 一方通行の大阪環状線と異なり、首都高は内外両方走れるが、内回りよりも、外回りのほうが人気というか、アタックする例が多かった。気になるタイムは公式なものはもちろんないので確かではないが、5分切りの伝説があったほど。本当ならば、外回りの場合、14.8kmほどなので相当なスピードになる。

最近は高額な輸入スポーツモデルが多く感じる

 伝説ほどは出ていないにしても、実際、当時は深夜の3時頃からの一般車両がいない時間を狙ってアタックしていて、見ていても相当なスピードだったのは事実。実際の感想だが、遭遇すると怖そうに思うかもしれないが、相当に腕もあるので車線変更などせず、そのまま走っていればあっさりと抜き去られるだけ。一瞬の出来事なので怖くもなかった。

 もちろん腕がいいと言っても、事故はけっこう起こり、ひとたび発生すると車体はぐちゃぐちゃに。集結場所としてお馴染みだった芝浦のパーキングで流されていた啓発ビデオにも実際の事故シーンが収録されていたものだ(死体が映っているというウワサも)。

 車種は幅広くて、本気なのはGT-RやZ、RX-7あたりで、もちろんカリカリのチューニング車両ばかり。ハチロクもけっこういたが、いかんせんスピードは落ちるので自分たちなりにスピードを出して楽しんでいるクルマが多かった。ランエボ、インプレッサもいたのだろうが、あまり記憶にはない。

 警察も手をこまねいているわけではなく、RX-7のパトカーを投入したり、前後両方撮れるオービスを設置したりするなどして、対策はかなり強化していた。深夜や朝方の通行量が多くなったのも原因のような気はするが、いずれにしても全盛期ほどの台数は集まらなくなり、2000年を超えたあたりではオーナーに聞いても「最近は流すだけっすよ」と返ってくるまでに衰退した感じだった。

 最近では、ランボルギーニやポルシェといったスーパーカーやMやAMGなどのハイパフォーマンスなどの輸入車が増加して、盛り上がりを見せている。旧車も増えているように思える。以前のように命をかけてタイムアタックをするというのはほぼないが、爆音を響かせて複数台で飛ばすなど、危険なことに変わりはない。もちろん違法行為なので、なんとかしてほしいものだ。

近藤暁史

最終更新:2/18(火) 6:21
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事