ここから本文です

カラバリ自慢の2ブランドのフーディ(パーカ)全21色をレビューしてみた!

2/18(火) 12:03配信

WEBUOMO

フーディの多色展開はここまできていた! 中でも特にラインナップが充実している2ブランドから全色見せ。「こういう色あればいいのに…」がきっと見つかる。

大人気のキャバン、今季は堂々13色

最も数多くのカラバリを展開するのがキャバンの定番「コットンカシミヤプルオーバーパーカー」。前シーズンの11色でも十分多く感じられたが、今季はなんと13色を展開。ヴィヴィッドなレッドやありそうでなかったパープル、春夏らしい水色系、さらにピンク系の微妙なバリエーションまでラインナップに追加された。もちろんベーシックカラーもしっかり揃えているので、どんなワードローブにも柔軟に対応する。カシミヤ混のボディはしっかりとした生地感でありながら、ソフトで温かみのある肌触り。40歳男子が最後に行き着くフーディはこれだ!(右上から反時計回りに)ミモザ、スカイブルー、モカ、ローズ、ウォーターブルー、ピンク、ブラック、グレー、ネイビー、ホワイト、レッド、カーキ、パープル。(各)¥39000/キャバン(キャバン 代官山店)

キャンバーはオレンジの人気が突出している?

はっきりとした発色のよさが人気のキャンバー「クロスニットプルオーバーフーデッドパーカ」。ファクトリーブランドとしては最も多い全8色をラインナップするが、中でも特に人気なのがバーントオレンジ。キャンバーらしい強い色味で、これからの季節はコーディネートの差し色としても最適だ。また、12オンスの肉厚の生地も人気の理由。張りのある立体的なフードの立ち具合、キュッと詰まったリブにたっぷりの身幅がつくるボリュームあるシルエットが、唯一無二のフーディなのだ。(右上から反時計回りに)グレー、バーントオレンジ、ナチュラル、バーガンディ、ブラック、ダークグリーン、ネイビー、ロイヤルブルー。ナチュラル・ブラック(各)¥11000/キャンバー(ダメージドーン セカンド) その他(各)¥13000/キャンバー(アイメックス)

Photos:Taro Hirayama
Hair&Make-up:Taro Yoshida
Stylist:Takeshi Toyoshima

最終更新:2/18(火) 12:03
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ