ここから本文です

本田圭佑との共演が秒読み!? ボタフォゴが“アフリカの巨星”獲得に本腰と現地報道

2/18(火) 5:33配信

SOCCER DIGEST Web

現在36歳。中国の青島黄海に籍を置くが…

 ブラジルの強豪ボタフォゴが、元コートジボワール代表MFトゥーレ・ヤヤの獲得に本腰を入れているようだ。南米最大のネットワークを誇る『Globo』が報じている。

【PHOTO】2020年冬の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 過去4度のアフリカ最優秀選手賞に輝く36歳。バルセロナ、マンチェスター・シティでキャリアの春を謳歌し、オリンピアコスを経て昨年夏に中国リーグ2部の青島黄海に加入した。およそ4か月間をレギュラ―としてフル稼働して健在ぶりを示すと、チームの2部優勝に多大な貢献を果たし、スーパーリーグ昇格へと導いた。

 だが、『Globo』によると選手本人は「中国を離れたがっており、クラブと契約解除について話し合っている最中。ブラジル・サッカーに対して良い印象を持っているとされ、ボタフォゴが白羽の矢を立てたのだ」という。さらに「ボタフォゴ首脳部はトゥーレを現在でも技術的に問題がなく、あくまで即戦力と見なしている」と説明した。

 もし入団となれば、すでにチームに合流している元日本代表MF本田圭佑との共演が実現する。欧州サッカーシーンを彩った両者がリオの地で対面を果たすのか。同メディアは「最後のハードルは(ボタフォゴの)資金面だ。この点については、水曜か木曜までに取締役会で最終的な決断が下される。ゴーサインが出れば、トゥーレ獲得の可能性は一気に高まるだろう」と伝えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2/18(火) 6:15
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ