ここから本文です

下川原リサのクロスカブで日本一周【4ヶ月1万9740kmの旅が彼女にもたらしたもの】

2/18(火) 6:31配信

WEBヤングマシン

人気女性バイクタレントの勇気ある挑戦

モデルやMCも務める人気女性バイクタレント・下川原リサさん。彼女は以前から持ち続けていた夢『バイクで日本一周』を実現すべく、2019年5月に相棒クロスカブ110を駆って出発した。それから4ヶ月・1万9740kmに及ぶ長旅の模様は、WEBヤングマシンでも連載で追い続けた通りだ。本稿では、無事に旅のフィナーレを迎えたリサさんにインタビュー。4ヶ月の貴重な旅を経て大きく成長した彼女の姿をお届けしたい。

【下川原リサ】ツインリンクもてぎエンジェル第15期生や、’15年のミスユニバース埼玉大会グランプリ獲得などを経て現在はBS11で放送中のバイク番組「大人のバイク時間MOTORISE」に出演するなど幅広く活躍。Twitterアカウント:@RisaSay

何だって叶えられる。やってやれないことはない

甘えん坊の末っ子。お父さんとお母さんに大切に守られて育ってきた。下川原リサさんは、「クロスカブ110で日本一周」なんてキーワードとは、もっとも無縁の存在のように思える。

でも、彼女は決めてしまった。旅に出ることを。

「バイクの免許を取ろうかなって頃に、日本一周をした人たちがいるということを知ったんです。『そんなことする人がいるんだ。スゴーイ!』と思った(笑)。でも自分は超ビビリな性格だから、『無理だろうな』と諦めていたんです」

いざ免許を取ってバイクに乗り始め、どんどんバイクの魅力にハマるにつれて、「やっぱり日本一周してみたいな」という思いが沸き上がってくる。

「やってみたいけどなぁ……。仕事もあるし、やっぱり非現実的かな……」

社会人として葛藤があった。でも、思いは止められない。周りの人との会話の中のノリで「やってみようかなぁ」と口に出してみた。すると「いいじゃん!」「応援するよ」との反応でフッと心が軽くなった。

フリーのタレントとして活躍し、多くの仕事を抱えるリサさんだが、関係者にもすぐに理解してもらえた。

「今行かないと、もう一生行けないような気がしたんです。日本一周に限らず、どんなことでも今できることを先延ばしにしていたら、そういう人間になってしまいそうで」

迷惑をかけることは分かっていたが、「帰ったら今まで以上に頑張って恩返ししよう」と、自分を納得させた。

「やる」と言ったからにはもう戻れない、戻らない。1ヶ月かけて準備を進めた。

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 6:31
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ