ここから本文です

『トロールズ』続編が10月に公開へ A・ケンドリック×J・ティンバーレイクが声の出演

2/18(火) 12:06配信

リアルサウンド

 ドリームワークス最新作『Trolls World Tour(原題)』が、『トロールズ ミュージック★パワー』の邦題で10月に公開されることが決定した。

 『シュレック』や『ボス・ベイビー』などのドリームワークスが手がける本作は、歌って踊るカラフルで可愛らしいトロールたちの繰り広げる大冒険が、彼らの心情と状況を捉えた音楽を織り交ぜながら描かれる『トロールズ』シリーズの最新作。

 ポップ村に住む、歌と踊りそしてハグが大好きな妖精、トロールズ。元気いっぱいのポピーがみんなの女王様だ。実はトロールズの村はかつて王国として繁栄していたが、音楽のジャンルごとに6つの村に分裂してしまっていた。「私たちと違う歌や踊りをするほかのトロールズがいるなんて素敵!」と胸を弾ませるポピー。しかし、ロック村のクィーン・バーブが全ての村を乗っ取ろうとしていたのを知る。ポピーは仲間たちと一緒に世界を守る旅に出かけるが……。

 本作でトロールたちが歌う楽曲には、ダフト・パンクの「ワン・モア・タイム」や、スコーピオンズの「ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン」、スパイス・ガールズの「ワナビー」などがラインナップ。監督は、『シュレック』シリーズや『スポンジ・ボブ』を手がけたウォルト・ドーンが務める。

 前作に引き続き、アナ・ケンドリックが、元気で歌と踊りが大好きなヒロイン、ポピーの声を担当。ジャスティン・ティンバーレイクも、堅実でちょっと内気なポピーの相棒、ブランチの声を続投する。また、ティンバーレイクは、前作に引き続きエグゼクティブ・ミュージック・プロデューサーも務める。

 なお本作は、昨年12月に公開された『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』に続く、2016年にユニバーサル・ピクチャーズ社の傘下となったドリームワークス・アニメーション作品の新しい日本での配給体制である、東宝東和とギャガ共同配給の第2弾作品となる。

リアルサウンド編集部

最終更新:2/18(火) 12:06
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ