ここから本文です

神戸・教師いじめ暴力事件から新たな悲劇、担当職員「飛び降り自殺」の真相

2/18(火) 16:00配信

週刊女性PRIME

「早朝や夕方に、ときどき荷物を取りに戻っていますが、すぐにどこかへ消えてしまいます」

【写真】神戸教師いじめ暴力事件の、決定的瞬間写真

 いじめ事件の加害教員の近隣を取材すると、彼らが今も逃げていることがわかる。

まだ終息していない「いじめ暴力事件」

 “女帝”として事件を主導したとされる女性教員のマンションは真っ暗で人の気配もなかったが、年末にポストからあふれていた郵便物は、きれいに片づけられていた。

 昨年10月に神戸市立東須磨小学校で発覚した、教員間いじめ暴力事件。30~40代の先輩教員4人が、20代の後輩教員に激辛カレーを無理やり食べさせたり、熱湯入りのやかんを顔面に押しつけたことなどが次々に判明し、市民の怒りを買った。

 処分は決まっておらず、事件は今も終息していない。

 そんなさなかに起きた不幸な事件。

 2月9日、市教育委員会総務課の男性係長が、兵庫県芦屋市の東灘芦屋大橋から飛び降り、命を絶った。市の防災に携わる市長部局から昨年4月、同課に出向してきたばかりだった。

「教育委員会の会議を運営する業務で、教育委員との連絡調整や準備、ほかにも防災に携わる業務を担当していました。いじめ事件は、会議で報告する案件のひとつでしたが、(いじめ事件や加害教員との接点は)まったくありません」

 と、神戸市教委の担当者は明かす。さらに、

「教育委員からも彼だけでなく、事務局全体に対して“きちんと報告しろ”などとお叱りを受けることはありましたし、職員たちに対しても社会の厳しい目が向けられている実感はありました。

 彼は非常にまじめで責任感が強かった。時間外の超過勤務も昨年の10月~11月ごろは特に多かったのは事実です。確かにしんどそうな面はありましたが同僚とも仲よくやっていたし、そこまで落ち込んでいたようには見えませんでした」

 と直近の様子を伝える。

新型コロナ担当、自殺した男性との共通点

 市職員は自殺をほのめかすメモを残していたというが、

「市教委も内容は把握できておらず、自殺の原因はわかりません……」(前出・担当者)

 新潟青陵大学大学院の碓井真史教授(社会心理学)は、

「自殺は複数の原因が偶然、重なったときに起きるといわれています。教員間いじめの問題の超過勤務や批判だけでなく、直前に異動しており、慣れない業務のストレスもあったのではと推測できます」

 と原因について説明し、

「つらい状態にあったのは確かでしょう。彼は“大丈夫”という姿勢を崩せなかったのかもしれない。誰にも相談できないのは、たいていはまじめな人です。公務員は一生懸命やっても評価されず、事件が起きれば文句を言われる」

 と普通以上にストレスが負荷になる点を指摘する。

 つい先日、新型コロナウイルスの最前線業務に、警視庁から出向していた内閣官房の男性係長(享年37)が飛び降り自殺するという痛ましい事件が起きた。両者の死の共通点について前出・碓井教授は、

「突然起きた、前例のないことに急きょ対応しなければならず、対応しながら不満のバッシングを受けていた。ストレスがたまるのは無理もない」

 2人には係長=中間管理職という共通点もあった。

 いじめ事件被害のX教員は心も身体も回復しつつあり、教壇への復帰に向け調整を進めているところだというが、

「メディアには触れないように伝えてあるので、この件を知らないかもしれない……」

 と代理人弁護士は明かす。

 もしX教員がこの事実を知り「自分の事件で……」となれば自らを追い詰めかねない。

 市職員が飛び降りた現場は生まれ育った神戸市街を一望できる。その橋を、なぜ最期の場所に選んだのか。いじめ事件がなければ、失われない命だったかもしれない。

最終更新:2/18(火) 16:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事