ここから本文です

ユベントスのボスニア代表MFは重傷回避。ブレシア戦で負傷も筋肉損傷見つからず

2/18(火) 11:20配信

フットボールチャンネル

 ユベントスが17日、チームに所属する29歳のボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピャニッチの負傷に関する診断結果を発表した。

 現地時間16日に行われたセリエA第24節のブレシア戦でピャニッチはベンチ入り。66分にアーロン・ラムジーに代わって出場を果たすが、すぐに負傷し73分にブレーズ・マテュイディとの交代で再びベンチに下がることになる。

 重傷も心配されたが、クラブの発表によると、筋肉の損傷は見つからなかったという。今後数日間経過を観察するとの発表だけにとどまり、長期離脱しないことを示唆した。現地時間26日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのリヨン戦では起用できるかもしれない。ピャニッチは今季公式戦31試合に出場し3得点4アシストを記録している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2/18(火) 11:20
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ