ここから本文です

「にじいろジーン」12年の歴史に幕 山口智充とガレッジセールは崖っぷちの危機

2/18(火) 11:00配信

デイリー新潮

「干される」日も近い!?

 山口智充(50)と聞けば、「干された」という単語が浮かぶ人は、相当な数になるのではないだろうか。試しにネットで検索してみると、「干された」と断言するサイトやSNSが極めて多いことに気づく。

【写真】ガレッジセールのゴリ監督の映画 専門家が「人生最高の一本」と絶賛

 ***

 芸能担当記者が、首を傾げながら言う。

「『山口智充さんは、本当のところ干されていない』というオチを含めて、ネット上では広く拡散している言説と言っていいでしょう。『干された』と断言しているサイトを閲覧してみれば、ダウンタウンの2人に嫌われたのが原因で『リンカーン』(TBS系列・2005~13年)を降板されたとか、まことしやかなことが書き連ねてあります。本気にしてしまう人もいるでしょうね」

 だが今後は、「本当に山口智充は干されてしまった」と、多くの人が思うかもしれない。露出の激減が懸念されているからだ。

 スポニチアネックスは2月10日、「12年の歴史に幕 『にじいろジーン』3月いっぱいで終了 新番組は南キャン山里MCで調整」と報じた。

 この記事のポイントを、以下にご紹介しよう。

◆「にじいろジーン」(関西テレビ制作/フジテレビ系列・土曜・8:30)が3月いっぱいで終了することが分かった。

◆MCを山口智充、ガレッジセールの川田広樹(47)とゴリ(47)、飯豊まりえ(22)の4人が務めていた。

◆08年4月から放送を開始し、12年間で幕を閉じる。局内では番組のマンネリ化を指摘する声が上がっていた。

◆「にじいろジーン」の視聴率は苦戦していた。

◆歴代女性MCのトラブルにも、番組は悩まされた。初代のベッキー(35)は不倫騒動で出演を取りやめた。2代目の清水富美加、現・千眼美子(25)は「幸福の科学」への出家騒動で番組を降板した。

◆4月以降は情報バラエティー番組がスタートする見通し。メインMCは南海キャンディーズの山里亮太(42)を立てる方向。

「打ち切りを最初に報じたのは週刊文春でした。今年の1月16日号に『山里亮太 華丸大吉 吉本芸人MC退潮の中、勝者は毒舌男』という記事が掲載されたのですが、その中に1行だけ『山口智充、ガレッジセールが出演していた生放送番組「にじいろジーン」(フジ系)も十二年の幕を閉じる』と書かれていたのです」(同・芸能担当記者)

1/2ページ

最終更新:2/19(水) 11:10
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ