ここから本文です

眞子さまは小室圭さんを諦めない〈「どうして……」母・紀子さまの“変心”に娘は反発している〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

2/18(火) 6:00配信 有料

文春オンライン

婚約内定会見で (c)JMPA

〈昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております。(略)(長女の眞子さまと)結婚のことについては話をする機会はありません〉

 2019年11月20日、皇嗣殿下として初めての誕生日会見で、秋篠宮さま(54)はこう述べられた。

 眞子さま(28)と小室圭さん(28)の「婚約延期」が発表されて、20年2月でまる2年。「今の気持ち」とは、他ならぬ長女眞子さまの今のお気持ちのことだ。

「眞子さまと圭さんのご結婚話は依然として進展がありません。会見のお言葉にあったように、秋篠宮ご夫妻と眞子さまは、日常生活についてのお話はできても、ご結婚に関しては一切話をしなくなっている。眞子さまは、特に母親である紀子さまに対して根強い不信感を抱いているようで、母娘の隔絶はこの2年間、広がるばかりでした。現状では、修復の糸口さえ見えない状況です」(宮内庁関係者)

 この日の会見は秋篠宮さまお一人。立ち会った宮内記者たちの間では「殿下は痩せられたのではないか」と話題になった。長く続くご心労が察せられたという。紀子さま(53)は9月のお誕生日に際し、宮内記者会からお一人の会見を要望されていたが、それに応えることなく〈(延期に関し)現状や今後についてお伝えすることは、控えたい〉と文書で回答された。

 秋篠宮ご夫妻が圭さんに初めて会ったのは、いまから6年以上前の2013年頃のことだ。圭さんが眞子さまにプロポーズしたのはその年の暮れとされる。

 そのとき紀子さまは、圭さんを心から歓迎された様子だったという。 本文:7,158文字 写真:3枚 (c)JMPA 20代最後の年を迎える (c)JMPA

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込330

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年2月号

最終更新:2/18(火) 6:00
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ