ここから本文です

東京五輪トラブルまとめ、新国立競技場工事で過労自殺等12

2/19(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 東京での五輪開催が決定した2013年9月7日以来、大小様々なトラブルが頻発。招致が決定してから続出したトラブルや不祥事の数々。その裏では多くの人たちが犠牲となっている。

【写真】トラブルを起こした五輪チケット購入サイト

●エンブレム問題勃発

 2015年、佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムが盗作疑惑で不採用と決定した。ポスター等は廃棄。

●新国立競技場工事の現場監督23才男性が過労自殺

 新国立競技場の工事で現場監督を務めていた23才の男性が2017年3月に失踪。その後、長野県で遺体として見つかり、自殺と断定された。デザイン案が変更となり、着工が予定より1年遅れ、急ピッチで進めるため、現場では過剰労働が強いられていた。自殺した男性の残業時間も1か月190時間以上だったという。

●ボクシング、テコンドーなど各団体の不祥事

 2018年夏、日本ボクシング連盟が助成金の不正流用や不当判定で告発を受け、山根明氏(80才)が会長を辞任。辞任表明会見は約3分間だった。同年、テコンドーやレスリング、体操などの競技で、コーチによるパワハラ問題が明るみに出て、旧態然とした体育会体質に批判が寄せられた。

●「有明テニスの森公園」の工事業者が経営破綻

 テニス会場となる江東区『有明テニスの森公園』の工事を請け負った会社が2018年10月に倒産。工事の一部が中断する事態となった。倒産の理由は、急激な事業拡大だった。当初の完成予定は2019年7月だったが、別の業者が引き継ぎ、同年9月末から開催された『楽天オープン』に間に合わせた。

●開閉会式の演出担当者がパワハラで辞任

 開閉会式の演出担当のメンバーで、広告会社電通のクリエイティブ・ディレクターの男性(43才)が同社の関連会社社員にパワハラをしていたとして、2019年末に懲戒処分を受け、辞任。開閉会式の業務に関してのパワハラ事案があったことが明らかになった。

●競技場デザイン問題

 故ザハ・ハディッド氏がデザインした競技場は巨額の建築費がネックとなり実現に至らず、選考に携わった建築家・安藤忠雄氏は、「デザインで選んだだけで、その先のことは知らない」と弁明した。

1/2ページ

最終更新:2/19(水) 16:41
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ