ここから本文です

ホテル カンラ 京都が、丸ごと工芸イベントの展示会場に!

2/19(水) 7:06配信

フィガロジャポン

京都から世界へ――未来志向の伝統産業と、工芸を通じた国際交流を推進し発信するプロジェクト「KYOTO KOGEI WEEK」。その実行委員会が主催する工芸の見本市&展示販売会「KYOTO CRAFTS EXHIBITION “DIALOGUE”」が、京都の東本願寺北に立つホテル カンラ 京都にて開催。「工芸を“未来志向”のものづくりへ」というキーワードのもと、工芸や手仕事を通じて、ものと人との関係をもう一度見つめ直すイベントとなる。

愛知県の瀬戸焼の「染付窯屋 眞窯」4代目・加藤真雪は、女性らしい繊細なデザインで染付への新たなアプローチをした作品が多数。

出展するのは、これからの活躍が期待される京都の若手職人や、新しい商品開発に挑む老舗、各地にて土地に根ざしたものづくりを続ける事業者など、60組以上の多彩なラインナップ。

たとえば、プリミティブな手仕事を大切にする京都のテキスタイルデザイナー「タカコ・デザイン・ワークス」、天然染料のインクややわらかな書き味の万年筆をつくる京都の「文染」、日本の最新アート&カルチャーを発信する東京のギャラリー「白白庵(ぱくぱくあん)」など。関連イベントとして、バイヤー、監修者として活躍中の山田遊(メソッド代表)のスペシャルトークも催される。工芸のいまに触れ、未来について考える絶好の場になりそうだ。

<Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE”>
キョウト クラフト エキシビション “ダイアログ”
会期:2月27日(木)13時~20時 2月28日(金)11時~20時 2月29日(土)11時~18時
※27日終日と、28日17時までは招待客限定
会場:ホテル カンラ 京都
京都府京都市下京区烏丸通六条下ル北町190
www.hotelkanra.jp
入場料金:¥1,000(¥500分のショッピングチケット付き)
※会場はスリッパで回遊するため、準備可能ならスリッパを持参してください。

●問い合わせ先:
DIALOGUE 2020 事務局
http://kougeinow.com

texte:NATSUKO KONAGAYA

最終更新:2/19(水) 7:06
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事