ここから本文です

ビートたけし再婚に前妻が胸中初告白「幸せになってほしい」

2/19(水) 6:06配信

女性自身

「(別居期間が)長かったですから……。2人の子供たちもすでに心の整理がついていると思います。(たけしの)今回の結婚も、子供たちは報道で知ったと言っていましたね」

【写真】結婚中は時折たけしへの怒りを見せていた幹子さん。

2月13日、顔なじみの記者にこう語るのはビートたけし(73)の前妻・幹子さん(68)だ。その表情は明るいが、数々の苦悩に苛まれた結婚生活だった――。

昨年6月に幹子さんとの離婚を発表したたけし。そして、2月8日にはかねてから交際していた18歳年下のAさんとの再婚を発表。たけしが15年に設立した個人事務所「T.N.ゴン」の役員を務め、仕事上のパートナーでもあるAさんだが、幹子さんの心境は複雑だった。

「もともと幹子さんは漫才師だったこともあり、2人は“同志”でもありました。'80年の結婚直後からたけしさんは、月に何度か一緒にご飯を食べるとき以外は家にいない“別居婚”状態でした。それでも2人の絆は強く、夫婦仲はとてもよかったです。しかし、'13年にたけしさんがAさんとの交際をスタートさせてから関係は一変。たけしさんはテレビ番組で『俺の彼女を食事に連れていった』とAさんとの仲を公言するようになりました」(スポーツ紙記者)

幹子さんは、これまで何度も本誌に怒りを打ち明けていた。'18年にたけしは前事務所「オフィス北野」から独立。一部で“背景にAさんの存在がある”と報じられていたことについて尋ねると、幹子さんは冷たく言い放った。

「もしそうであれば、その人(Aさん)が思ういい展開になると思っているんじゃないですか?」

さらに、テレビ番組でたけしが「離婚調停は終わっている」と発言した'19年1月には「あきれた。調停なんて、絶対ないですから」と離婚をキッパリ否定。“本妻の意地”を見せていたのだ。

そんな幹子さんは元夫の再婚に何を思うのか――。冒頭での発言に続いて、幹子さんは語る。

――たけしさんの再婚についてどう思いますか?

「おめでたいことですからね。だから『結婚おめでとう』でいいんじゃないですか」

あっけらかんとした様子で、たけしの結婚を祝う幹子さん。愛人と報じられたAさんへの“複雑な感情”について聞くと……。

「今はそんな気持ちはこれっぽっちもありませんよ。それより第二の人生を明るく楽しく。いつも笑って生きていきたいですね」

これまでになく晴れやかな表情で答える幹子さん。その原動力は残された家族だという。

「昨年、長男に子どもが生まれて孫ができたんです! 家族たちの成長を見守りたいです」

かつて「オフィス北野」の関連会社の代表を務め、現在は大手広告代理店で働く長男の篤氏。“幼少期の父との記憶がほとんどない”という複雑な思いを抱きながらも、ともにたけしを支えてきた息子の幸せは、幹子さんにとっても何よりも喜びだろう。幹子さんが変心を見せた裏には、こんな思いがあったようだ。

「幹子さんは、下積み時代からたけしさんを支えてきた自負があったので、Aさんとの交際を聞いても『絶対に離婚しない』と決めていたといいます。しかし、次第に『いい年なんだし、彼の幸せを私も応援しよう』という気持ちになっていったそうです」(テレビ局関係者)

そして、そんな幹子さんの愛情にたけしも“返信”をしていた。

「たけしさんは、昨年の『NHK紅白歌合戦』に第70回を祝う特別ゲストとして出演。見習い時代の思い出が詰まった『浅草キッド』を披露しましたが、そこには幹子さんへの思いもあったといいます。昨年は、39年連れ添った幹子さんとの離婚を迎えた“節目の年”。誰もが注目する紅白で『浅草キッド』を歌うことは、ずっと支えてくれた幹子さんへのたけしさんなりの“感謝状”なのだと思います」(前出・テレビ局関係者)

最後に、幹子さんにたけしへのメッセージを聞くと――。

「だから残りの人生、彼にも健康で、幸せになってほしいですね……。これからも元気で仕事をしてくださいって。願いはそれだけ」

袂を分かっても、たけしと幹子さんの“絆”は消えなかった――。

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

最終更新:2/19(水) 17:56
女性自身

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ