ここから本文です

前週準優勝のリバキナが全豪女王ケニンを倒す金星 [女子テニス]

2/19(水) 18:03配信

テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権」(WTAプレミア/アラブ首長国連邦・ドバイ/2月17~22日/賞金総額290万8770ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第5シードのソフィア・ケニン(アメリカ)がエレナ・リバキナ(カザフスタン)に7-6(2) 3-6 3-6で敗れる番狂わせが起きた。試合時間は2時間1分。

ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権2020|PHOTOアルバム

 オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム初優勝を果たした21歳のケニンは、フェドカップで2試合をプレーしたあと今大会に臨んでいた。19歳のリバキナは前週のサンクトペテルブルク(WTAプレミア/室内ハードコート)で決勝まで勝ち進み、キキ・バーテンズ(オランダ)に敗れて準優勝したばかりだった。

 リバキナは次のラウンドで、カロリーナ・ムチョバ(チェコ)を6-4 4-6 6-0で破って勝ち上がった予選勝者のカテリーナ・シニアコバ(チェコ)と対戦する。

 この日はほかにも、第3シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と前年覇者で第4シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)が敗れる波乱が起きた。2017年と18年に2連覇を達成したスビトリーナが予選勝者のジェニファー・ブレイディ(アメリカ)に2-6 1-6で、ベンチッチはアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)に6-1 1-6 1-6で苦杯を喫した。

 ベンチッチは昨年の大会でトップ10選手4人を倒し、WTAツアー3勝目を挙げていた。

DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 18: Elena Rybakina of Kazakhstan plays a forehand against Sofia Kenin of USA during Day Two of the Dubai Duty Free Tennis at Dubai Duty Free Tennis Stadium on February 18, 2020 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Francois Nel/Getty Images)

最終更新:2/19(水) 18:03
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事