ここから本文です

内部崩壊?シクサーズの2枚看板、エンビードとシモンズが抱える致命的な問題とは

2/19(水) 17:00配信

THE DIGEST

 ジョエル・エンビードは、言わずと知れたフィラデルフィア・セブンティシクサーズの大黒柱だ。しかし、トレード期限が過ぎオールスターも終え、プレーオフに向けてギアを上げたい状況にもかかわらず、チームには不穏な空気が漂っている。

【動画】“デカくて上手い”エンビードのオールスターハイライトはこちら!

 センターのエンビードは2014年ドラフト1巡目3位指名でNBA入り。右足骨折で最初の2シーズンを棒に振ったが、実質1年目の2016-17シーズンに平均20.2点、7.8リバウンドの好成績を残すと、翌シーズンから2年連続で平均20点、10リバウンド以上をマーク。オールスターにも3年連続で選出され、リーグ屈指のセンターとして君臨している。

 そのエンビードは、2017-18シーズンから中心選手として共闘してきた大型司令塔ベン・シモンズが3ポイントを打たない(今季は6本中2本成功。キャリア通算23本中2本成功で決定率8.7%)ことに不満を持っていると報じられ、再三シモンズはトレード候補に浮上してきた。

 しかし、シクサーズは2月のトレード期限に大黒柱2人に手をつけることはなかった。球団としては、ブレット・ブラウン・ヘッドコーチ(HC)が両者を共存させるベストのバランスを探し当てることを望んでの決断だったが、選手たちの士気が高まっているとは言い難いようだ。

 2月5日(同6日)に行なわれたマイアミ・ヒート戦で106-137と大敗を喫した試合後、29得点、12リバウンドをあげたエンビードは現状のもどかしさを吐露していた。
 
「スペースが問題だ。時には速くプレーし、時には遅くプレーする。ただ、プレーオフを見据えるとテンポが遅くなり、ハーフコートゲームになる。去年はボールの動きが良かった。今年は選手が変わり、周りが快適にプレーできるように俺は多くの犠牲を払っている。時には3ポイントラインの外で多くの時間を過ごさないといけない。スペーシングを円滑にするためには、できることは何でもしないといけないんだ」

 エンビード自身はインサイドで勝負したい状況ながら、戦術上、アウトサイドでのプレー時間が増えていると主張。今季はシモンズをはるかに上回る152本の3ポイントを放ち、51本を沈めている(成功率33.6%)が、あくまで結果論だという。ベテランのアル・ホーフォードは、「ロッカールームで何かが起こっている」とメディアを通して語り、少なからずチームが一丸となりきれてないことを認めている。

『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト記者は、シクサーズの現状についてこのように持論を展開している。

「シクサーズはブレット・ブラウンHCの続投、エンビードとベン・シモンズの相性を疑問視している。リーグで広がっている会話のひとつは『彼らはエンビードを放出するのか』『いくらだ?』『どこに行くんだ?』だ。自分はその議論に加わるつもりはなく、HCを変えずにエンビード放出に踏み切るとは思わないが、ポイントは人々がそう話していることだろう」

 その一方で、チームOBのアレン・アイバーソンは「彼らに限界はない。チームがひとつにまとまり、健康体であればすべてが上手くいく」と語る。

 プレーオフでは、過去2年連続カンファレンス準決勝で敗退しているシクサーズが今季その壁を乗り越えるには、エンビードとシモンズの共存は不可欠。レギュラーシーズン残り2カ月で“最適解”を見出すことはできるだろうか。

構成●ダンクシュート編集部


 

最終更新:2/19(水) 17:10
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事