ここから本文です

新型コロナウイルスと生きていく、覚えておきたい「衣食住」の新処方せん

2/19(水) 5:00配信

週刊女性PRIME

「新型コロナウイルスのような死亡率が高くないウイルスは、広がりやすい。2009年に流行した新型インフルエンザも、免疫がある人が増え、すでに普通のインフルとなっています。新コロナもおそらくそうなりそうなので、“共存”していく覚悟が必要ですね」

【写真】半分に切った果物をくり抜いてマスクがわりにする中国人男性

 そう解説するのは、感染症を専門にする東京・品川の「KARADA内科クリニック」の佐藤昭裕院長。

コンタクトよりメガネ

 神奈川県で80代の女性が国内で初めて亡くなり、各地のタクシー運転手の感染も確認され、中国・武漢発のウイルスによる肺炎の発症者は広がるばかり。“気温が上がる春には終息に向かう”ともいわれているけれど、それまでどう過ごせば?

 手洗い、うがい、マスクは必要な商品の売り切れが続いているし、専門家の説明も微妙に違う。それ以外に注意したいポイントを、あらゆる面からアドバイスしてもらった。まずは、「衣」から。

「セーターのような頭からかぶるものは、着脱のときに付着したウイルスが顔や口に当たる可能性が。アウターや革製品の服はなかなか洗えないので、玄関干しにして乾かしたり、天日干しにするのがいいでしょう」(佐藤院長)

 汚れやすい手袋もこまめに洗うことが必要だ。

 目が悪い人も要注意。

「コンタクトレンズより、メガネがいい。メガネなら(ウイルスが付着した)手が目の粘膜に触れないし、くしゃみ、咳によるつばや唾液などの飛沫も防げますからね。同様に、ピアスなどの宝飾品も手に触れるので、なるべく避けたほうがいいでしょう」(同)

 それほど難しいことではないので、ぜひ心がけたいもの。

 次に「食」。管理栄養士で栄養サポート研究所「NS Labo」主宰の岡田明子さんは、ウイルスに感染しない免疫力アップのためには、腸を元気にして、繊維とビタミンをとることが大切とアドバイスする。

「腸には乳酸菌を多く含む発酵食品に効果があり、みそ、納豆、ぬか漬け、キムチ、ヨーグルトなどがいいでしょう。食物繊維は便秘予防や、善玉菌が腸内にすみやすい環境作りに適しています。野菜や海藻などに含まれていて、玄米や具だくさんの汁、豆類もおすすめです」

1/2ページ

最終更新:2/19(水) 5:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ