ここから本文です

部屋を劇的に変えたいなら布が一枚あればいい!【モデルはまじ】

2/19(水) 15:30配信

webマガジン mi-mollet

見る人を幸せにする笑顔、自然体のファッションやライフスタイルが人気のモデル・浜島直子さん。愛称、はまじ。40代になり自分なりのスタイルができあがってきた今だからこそ、“少しだけ”新しいことに挑戦します。

いただいた花束を上手に飾る、誰でもできる簡単な方法は?【モデルはまじ】

 春の兆しを感じると、気分を一新したくなりませんか? そんなときは部屋の模様替えにトライ。今回は気軽にできる模様替えのテクニックをインテリアスタイリストの今田愛さんに教えていただきます。まずは布を使ってできる方法を教わるために、今田さんおすすめのお店で布選びです。

 

まずは部屋の雰囲気を変身させる、おしゃれな布を探しましょう

「手軽に部屋の雰囲気を変えたいなら、布をうまく使いましょう」と、インテリアスタイリストの今田愛さん。布が一枚あれば、部屋の雰囲気が一新できるのだそうです。今回は、今田さんおすすめのインテリアショップで、はまじに気に入った布を選んでもらいました。 伺ったのは「西洋民芸の店 グランピエ」。めまぐるしく景色が移り変わる東京・青山の場所で48年間も続いている名店で、ヨーロッパや中東など各地から買い付けたラグや布もの、雑貨などが所狭しと並んでいます。

 はまじ「わあ、懐かしい!『世界ふしぎ発見!』のロケで行ったヒマラヤやインド、ペルーなどを思い出します」

今田「スタッフの方が年に何回か、インドやイスラム圏などに行って、現地の人から直接買い付けをしたり、オリジナルを作ってもらったりしているんですよ。とにかく皆さん知識が豊富なので、商品の説明を受けながら買い物をするのが楽しくて、いつも長居してしまうんです」

はまじ「キラー通りはよく通るので、こちらのお店があるのは知っていたのですが、入ったことはありませんでした。実際に入ると中庭があったり、お店の外まで商品が並んでいて……。佇まいも現地の雑貨屋さんみたい!」

今田「この中庭に椅子やテーブルを出してスタッフが打ち合わせをしたり、ランチをとったりしているんですよ。夏場はラグを洗って乾かしたりもしているんです」

はまじ「異国の空気が流れていて旅行気分になりますね」

今田「店内にはまだたくさんの布があるんですよ。はまじさんのお気に入りをぜひ見つけてください!」

はまじ「ワクワクします!」

1/2ページ

最終更新:2/19(水) 15:54
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ