ここから本文です

2020年1月のバイオ医薬品市場

2/19(水) 7:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ投信投資顧問株式会社マーケット情報。専門家が明快に分析・解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報を転載したものです。

2020年1月のバイオ医薬品市場

バイオ医薬品関連企業の株価動向1月のナスダック・バイオテック指数(ドルベース、配当含まず)は下落しました。

1月の株式市場は、振れの大きい展開となりました。バイオ医薬品株式については、月初、業界最大のイベントである恒例の「JPモルガン・ヘルスケア・コンファレンス」がサンフランシスコで開催されましたが、投資家の多くが期待していた大規模なM&A(合併・買収)案件の発表がなかったことから失望感が広がりました。月末には、中国で発生した新型コロナウイルスの脅威が市場の重石となり世界の株式市場が下落する中、バイオ医薬品株式も下落しました。

株価が大きく上昇した銘柄では、フェイト・セラピューティクス(米国)やアレクター(米国)などが挙げられます。フェイト・セラピューティクスは、細胞治療に対する関心の高まりを受けて、引き続き堅調でした。アレクターやその他の中枢神経変性疾患(CNS)関連の銘柄も好調でした。2020年はCNS治療薬開発の飛躍の年となることが期待されており、規制当局も新薬の承認に強い関心を示しています。

株価が大きく下落した銘柄では、インサイト(米国)、アラコス(米国)などが挙げられます。インサイトは治験の失敗が嫌気されました。アラコスは空売り筋の攻撃の対象となりましたが、主張には持続性がないと考えます。

今後のバイオ医薬品市場見通し

現在、医薬品に関連する医療費の議論で重要な転換が起こっています。いくつかの国では治療の有効性に応じて医療費を支払う制度(価値に基づく医療)が利用されていますが、処方薬で最大のマーケットである米国においても、従来の出来高払い方式ではなく、同様の制度を求める声は、ますます大きくなっています。医薬品企業と同様に政府、規制当局、保険業者は、医薬品の開発においてイノベーションを抑制することなく、医薬品の費用を効率的に管理することができる妥協案を見つけることを必要としています。最も重要な利害関係者である患者は、破産のリスクにさらされることなく、高品質の治療を受けたいと考えています。これは、治療薬の開発といった科学的側面だけでなく、ビジネスモデルや先進的な思考、価値に基づいた契約といった側面においてもイノベーションを生む最高の機会となると考えます。株式市場の先行きには不透明感がありますが、そのような間でも、長期志向で、市場の非効率性に注目するアクティブ運用者にとっては、数多くの投資機会が存在するものと考えます。

米国では国民皆保険「メディケア・フォー・オール」案が議論になるなど、2020年の大統領選挙に向けてヘルスケアが政治的な争点として浮上し、ヘルスケア株式の価格変動が大きくなる可能性があります。また新型コロナウイルスの今後の動向についてもバイオ医薬品株式の株価に大きな影響を与える可能性があり注意が必要です。このような環境の中、高いイノベーション能力と強い戦略的展望のある企業を選定することが重要と考えます。

1/2ページ

最終更新:3/19(木) 19:27
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ