ここから本文です

『ニンジャバットマン』が舞台化決定、「BATMAN NINJA-THE-SHOW」2020年10月より上演! キーアートも公開

2/19(水) 10:00配信

アニメージュプラス

1939年の誕生以来、不動の人気を誇る『バットマン』。そのシリーズの中でも異彩を放つ、日本制作アニメーション映画『ニンジャバットマン』(2018年)が、2.5次元舞台のヒット作品をプロデュースし続ける「Office ENDLESS」の手により、『バットマン』シリーズ初の舞台化されることが決定した。同時にキーアートも初公開されているほか、チケット発売日などの概要も発表となった。出演者は随時発表となる。

『ニンジャバットマン』は、DC コミックス『バットマン』のキャラクターを用いて日本で制作された、ワーナー ブラザース ジャパン製作のアニメーション映画。TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのオープニング映像で知られる神風動画をはじめ、数々の大物クリエイターが集結し作り上げられた映像美と、「バットマンが日本の戦国時代にタイムスリップし、宿敵ジョーカーとバトルを繰り広げる」という外連味あふれるストーリーとが相まって、日本とアメリカのみならず、全世界で絶賛された。

今回、舞台化が決定した『ニンジャバットマン』、その公演タイトルは「BATMAN NINJA-THE-SHOW(ニンジャバットマン ザ・ショー)」。舞台制作を手掛けるのは、『幽☆遊☆白書』『機動戦士ガンダム00』など2.5次元舞台の超ヒット作品を世に送り続ける「Office ENDLESS」だ。 上演劇場は、東京・新宿駅至近の「新宿シアターモリエール」。客席から手を伸ばせばステージに届きそうな距離感を最大限に活かし、映画館では実現できない、劇場全体をスクリーンと捉えた超立体究極体験を臨場感たっぷり実現する。

公演日程は2020年10月10日(土)を皮切りに、12月31日(木)まで全172公演が行われる。一般チケット発売は6月5日(金)10時を予定している。料金(税込)は一般4500円、学生3500円、小学生2500円、VIP席5300円。
また、10月3日(土)~5日(月)、7日(水)~9日(金)には、非売品グッズ付きで公演終了後にキャストとの撮影会の特典もある「プレミアウィーク公演」全13公演が行われるが、こちらのチケット発売は2月19日(水)10時からとなる。料金は7900円(税込)だ。

小田 サトシ

最終更新:2/19(水) 10:00
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ