ここから本文です

「職業の選択」を間違わないためにやるべき事

2/19(水) 8:01配信

東洋経済オンライン

私は私立の理系選択で4月に高校3年生になりますが、将来の職業、大学、学部について悩んでいます。
まずは目指すべきものをジャンルだけでも決めようと思い、自分なりにこれからの社会を考えたうえで職業選択を調べたり考えたりしました。
これからAIが発達していくことは明らかです。人が不要な仕事が出てくるため、職業選択を誤るとお金を大して稼げない事態になってしまいそうで、それをいちばん避けたいです。
しかしそういったことを踏まえてネットで職業を調べると、考え方にサイトそれぞれ違いがあり、明確なことがわかりません。

調べていくなかで私がこの方向がいいかなと思えたのは「コンピューター、プログラミング、AI系」です。しかし私は写真やデザインなども好きで、「アート、デザイン系」の仕事なども魅力的に思えます。コンピューターグラフィックスなどその2つを掛け合わせた職業がよさそうと思うのですが、踏み切ることができません。
将来どのような職業を選択すべきか、それにつながる学部を探すにはどのような点を意識して大学を選ぶべきかを教えてほしいです。

光 高校生

■頭ではなく心で選ぶ

 苦労をしてでも自分が生涯追及したいと思える仕事であるか否か、究極的には仕事を選ぶ基準はこれに尽きるでしょう。つまり頭ではなく、ハート(心)で選ぶ、という事ですね。そうでない基準で選んだ職業は長くは続きません。

 すべての職業において、何かしらの困難はつきまといますし、また現時点において書かれているように将来性に疑問符がついてしまうような職種や仕事があることも確かでしょう。

 光さんは高校生のうちから将来の仕事について非常にまじめに考えておられ、なおかつ自分なりの基準でリサーチをされており大変素晴らしい事だと思います。

 その中で「この分野であれば将来性があるであろう」という分野をご自身で見つけてきたわけですが、その分野とて永久に花形である保証はないのです。

 あくまでも現在の常識に照らし合わせて「よさそうに思える」分野であり、将来性が確約されているわけでもなければ、その分野にいけば一生安泰、というわけでもないのです。

1/3ページ

最終更新:2/19(水) 8:01
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ