ここから本文です

梅崎司が語るニュー湘南。 「プレーの落ち着き、勇気を取り戻せるか」

2/19(水) 6:30配信

webスポルティーバ

2月16日、平塚。ルヴァン杯開幕戦で、湘南ベルマーレは大分トリニータを迎えている。ジリジリとした攻防のなか、シュート数(3対11)、コーナーキック数(0対7)の差に象徴されるように、劣勢に回った。しかし粘り強く戦い、後半アディショナルタイムにPKを得る。これを途中出場した梅崎司が確実に蹴り込み、1-0と勝利。Jリーグ開幕に向け、幸先のいい一戦になった。

【動画】イニエスタの2019シーズン極上パスまとめ

 昨シーズン、湘南はとことん苦しんでいる。

 昨年8月、長く湘南を率いてきた曺貴裁監督がパワハラ問題で謹慎(その後、監督は交代)になったあとは、たった1勝しかできていない。徳島ヴォルティスとのプレーオフ決勝も、引き分けて残留を決めたものの、前半はとくに劣勢に立たされていた。J1クラブのアドバンテージによって、どうにか土俵際で踏みとどまった形だ。

 はたして、湘南は力を取り戻せるのか。

「(湘南の)前から行くスタイルは、変わらないと思います」

 そう語るのは、湘南で3年目になるFW梅崎司(32歳)である。

梅崎は10シーズンにわたってプレーした浦和レッズを、2017年、アジアチャンピオンズリーグ優勝を置き土産に退団。湘南移籍1年目で、ベルマーレ平塚以来の3大タイトル獲得となるルヴァン杯優勝に貢献している。プレーオフステージや準々決勝などで、貴重な得点を記録した。

「(プレシーズンのスペイン合宿から)今までのベースがあって、ボールを保持する時間を増やす、というのをテーマにしてやってきました。その点、かなり緻密に攻守の連動のところをチェックしています。ここまでやるのかというくらい細かく。相手にやらせない、という部分の関係性も、たとえばDFラインと前(MF、FW)も分かれて、丁寧に作っています」

 キャンプから手応えはあると、梅崎は言う。

「プレシーズンを戦った感覚は、ボールが回っている感じだし、悪くないです。真剣勝負にならないと、わからない部分はありますけどね。フォーメーションは、今までの1トップ(3-4-2-1)から2トップ(3-5-2)になりそうです。個人的には、ポジションにこだわりなく、と思っていますが、2トップのところで期待されている感じはあります。初めてのポジションですが、その意味でも新鮮です」

1/2ページ

最終更新:2/19(水) 6:30
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ