ここから本文です

「体型カバー」だけじゃない! 密かなブームのオーバーオール、新しいコーデ術

2/20(木) 12:05配信

WEBUOMO

巷で密かな盛り上がりを見せているのがオーバーオール。ゆったりしたお腹まわりを覆う、体型カバーパンツとしてはくのはもう時代遅れ。やんちゃにならないコツをマスターすればぐっとあか抜けるのだ。

スエードやシルクで大人の色気を足す

オーバーオールデビューにはリジッドのスリムな一本が最適。肩のストラップは上着で隠し、スカーフなど大人な小物を差すのが正解だ。オーバーオール¥40000/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) スエードジャケット¥140000/コモリ(ワグ インク) ニットポロシャツ¥29000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) メガネ¥32000/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ) スカーフ¥18000/ア ピース オブ シック(グラストンベリー ショールーム) シューズ¥27000/パラブーツ(パラブーツ青山店)

ネイビージャケットで知性を出す

色数が多いと若づくりに見えてしまうオーバーオール。首から足首までブルーのワントーンでつないで、ネイビージャケットで仕上げればたちまちインテリジェントに見える。ユニバーサルオーバーオールは適度にムラのあるウォッシュ具合が渋い。オーバーオール¥15000/ユニバーサルオーバーオール(ドリームワークス) ジャケット¥54000/コム デ ギャルソン・オム(コム デ ギャルソン) ニット¥23000/キャバン(キャバン 代官山店) シューズ¥35000/パラブーツ フォー シップス(シップス 渋谷店) メガネ¥32000/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ) その他/私物

黒、白、グレーだけでスマートに見せる

たっぷりとしたオーバーオールと真逆のスリムな白シャツ。対極にあるアイテムながら、モノトーンなら洗練された印象。この2アイテムの仲介役が間の色であるグレーのブルゾン。モード感が強くなりがちな白~黒のコーディネートに少しのほっこり感が生まれて新鮮だ。オーバーオール¥24800/オアスロウ(ベースデニムプロダクツ) ブルゾン¥109000/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店) シャツ¥37000/サイ(マスターピースショールーム) スニーカー¥54000/コモン プロジェクト(トゥモローランド) メガネ¥32000/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ)

Photos:Seishi Shirakawa
Hair:Kazuya Matsumoto[W]
Stylist:Junichi Nishimata
Models:Toshinori Shiki

最終更新:2/20(木) 12:05
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ