ここから本文です

【VOCE4月号】長井かおり監修「毛穴磨きブラシ」の使い方!

2/20(木) 12:32配信

VOCE

VOCE4月号の付録は、人気ヘアメイクアップアーティスト・長井かおりさんが監修した「毛穴磨きブラシ」。その使い方を完全レクチャー!

使い方を動画でもCHECK!

【今月の付録はコレ!】ピタッと密着! 崩れない 毛穴磨きブラシ

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん監修!
「このブラシのポイントは、なんといっても傾斜! カーブや微妙な凹凸のある顔に垂直にフィットさせやすい角度にこだわったことで、毛穴や小じわの部分にしっかりパウダーを埋めこむことができ、崩れも防止します」

毛穴にパウダーをしっかり入れ込むためにこだわり抜いたカッティング&長さ

「毛穴や小じわをうまく隠すには、ブラシを垂直にあて、お粉を溝に入れ込む必要が。そこで今回のブラシは顔にフィットしやすい傾斜にこだわり、筆先をカッティング。さらに、毛先がぐにゃっと折れずに圧をきちんとかけられるよう短めの長さにし、粉をしっかりと含めるような毛量にもこだわりました。使うときは、ブラシにお粉をとったら、フタの裏や手の甲でくるくると動かして、お粉をしっかりブラシの中に入れ込むこと。筆先全体にふわっとついている状態が正解です!」

お粉をしっかり入れ込んで使います!

筆先の一部についていたり、ムラづきは×。

このブラシ一本でメイクの腕が上がる3つの機能が!! ◆1毛穴磨き

押しあてながらくるくる、くるくる
フェイスパウダーをブラシにとり、毛穴の気になる部分を指で軽く引き上げたり、鼻の下をのばすなど変顔をして、毛穴をのばすと◎。ブラシを垂直に押しあてて圧をかけながら、小刻み&ランダムにくるくると動かす。

◆2小じわ埋め

垂直にあてて1、2、1、2と左右に往復!
フェイスパウダーをブラシにとり、小じわがピンとのびるように指で引き上げた状態で、小じわの上にブラシを垂直にあて、横方向にブラシを往復させて。しわの凹部分にきちんとお粉を入れ込むことでカモフラージュ。

◆3ハイライトタッピング

スタンプを連打するようにポンポンポン!
ハイライトパウダーをブラシにとって中に入れ込んだら、目尻の下などハイライトを効かせたいところに、ポンポンと押しつけて。密着度が高まり、さらに小さい範囲に絞ってのせることでハイライトがしっかり効いてくる!

小じわ&毛穴レスな美肌が簡単につくれて、ずっと長持ち!

メイク大好きなVOCEST!が一足先にお試し

■VOCEST! 140 軍司由稀
しっかりフィットして、毛穴をカバー!
「小鼻のカーブにピタッと密着。クルクルしていくと毛穴が目立たなくなったのでびっくり!! コンパクトサイズでフタ付きだから持ち運びやすいし、毎日愛用決定です!」

■VOCEST! 229 馬場さおり
溝にしっかり入り込み、メイク崩れしない!
「目尻のしわにパウダーをしっかり入れ込むことができるので、ファンデが目尻でよれることなくすごせます。メイクも崩れにくくなり、手放せないアイテムに!」

最終更新:2/20(木) 12:32
VOCE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ