ここから本文です

転職するなら会社員?それともフリーランス?今どきの社会人が考える理想の働き方

2/20(木) 17:32配信

@DIME

激動する時代の中、社会人が考える「理想の働き方」とはどのようなものなのか。

今回退職の前に読むサイト編集部は、社会人を対象に「転職するなら?(会社員?フリー?)」とアンケート調査を実施した。

※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

転職するなら会社員orフリー、どっち?


大企業 :41%

大企業と回答した人が最も多く41%。就職先の人気ランキング通り、大企業は根強い人気がある。安定した働き方を望む人が多いことが考えられる。しかし、昨今は大企業でも倒産するリスクは大いにある。会社に頼らずに、労働市場価値を上げることを本当の安定と捉える考え方が主流とされるようになってきた。

中小企業・ベンチャー:38%

中小企業・ベンチャーと回答した人は38%。内訳としては、中小企業が17%、ベンチャー企業が21%。大企業と比べて、中小企業・ベンチャーは規模が小さい分、一人一人の仕事の役割が大きく、自分のスキルを磨ける機会が多い。スピード感のある会社で働きたい方は、中小企業・ベンチャーに転職するのがいいかもしれない。

フリーランス :21%

フリーランスと回答した人は21%。近年は、企業がアウトソーシングとしてフリーランスに仕事を依頼するケースが増えてきている。また、今後フリーランス人口は伸びていくと予想されているので、新しい働き方の一つとして定着する日はそれほど遠くないだろう。

日本の全企業数のうち99.7%は中小企業だ。単純計算すると、日本国内の就業者数の約3分の2は中小企業に勤めていることになる。

同調査からもわかる通り、近年では急速に成長するベンチャー企業やフリーランスとして働くことを希望する人が増加。中小企業で働いている人が多い事実と若いうちに成長できる環境で働く人が増えていることから、必ずしも大手企業で働くことが正解ではないのかもしれない。

仕事に関する意識調査
調査日   :2019年10月16日 ~2019年10月23日
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :195名
調査対象 :社会人

構成/ino

@DIME

最終更新:2/20(木) 17:32
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ