ここから本文です

キャラを演じてしまう人は更年期に要注意!外見と中身のズレを埋めてラクになる方法

2/20(木) 8:00配信

webマガジン mi-mollet

少し難しい話になりますが、人には“顕在性格”と“潜在性格”というものがあるのですね。WEBサイト等で手軽にできる性格診断というのは大抵、このうちの“顕在性格”を見るものがほとんど。ですが私が運営している「和=美(ワナビー)」というサイトでは「印象分析」と「性格分析」というコーナーを設けており、さらにここでは“統合分析”といって、顕在性格と一緒に潜在性格まで見ることができます。ただし有料なのですが……。

多くの人は、顕在性格をある程度自分の見た目に寄せていってしまうものです。なぜならそのほうがラクだから。見た目と一緒だから周囲の人もとっつきやすいし、何より人から「イメージと違った」と引かれにくいですから。サービス精神旺盛な人ほど、人の期待を裏切らないようにと、見た目に顕在性格を寄せてしまう傾向があるのです。でもそこに潜在性格、つまり自分のDNAといえる本質的な性格との大きなズレがあった場合は、更年期になると爆発してくるのですよ。

ですから有料にはなってしまうのですが、一度「和=美」で統合分析をおこなってみてください。潜在性格が分かれば、自分がどういった部分で無理して外見に合わせていたか、分かると思いますから。ズレに目を向けずに突っ走る人生もありますが、悩んでいるなら一度自分の潜在性格と向き合ったほうがいいのではないかと思います。

 顕在性格と潜在性格が一致しているなら、単に更年期で何事にもイライラしやすくなっているだけだと思います。でも違っていたら、それはやっぱり無理をしているはず。50代以降は、無理は禁物! 今から少しずつズレを埋めていきましょう。現に今ビッグウェストさんは、からかってくる夫に腹を立てています。これは、外見に合わせて演じてきた自分の心が、限界に達している証だと思いますから。

 そこでどのような埋め方をすれば良いか、一つアドバイスをさせていただきますね。外見からおおらかに見えて愛される、というのは素敵なことだと思います。でもそこにモヤモヤを感じているなら、「こう見えてこの人は……」というギャップを作ることがお薦めです。そのギャップも、できればメジャーなものではなくてマニアックなもののほうがいいわね。たとえば花の名前なら全部知っているとか、税理士の資格を持っているとか、「すごいね!」と、驚きと尊敬を得られるものを極めてみて。娘さんだって、「ママはおっとりしているように見えてすごいんだよ!」となると思いますよ。何より50代ともなれば、見た目とのギャップを楽しんでもらえるくらいの深みが欲しいもの。だから見た目からは想像がつかないことを掘り下げてみるのもいいんじゃないかしら?

ビッグウェストさんに限らず、外見内面問題を抱えている人はすごく多いもの。よく「外ヅラはいいけど内弁慶」と言われる人がいますが、そういう人って大抵、コミカルな外見をしていることが多いの。それで周囲の期待に応えて、外では見た目通り明るく陽気なキャラを演じるのだけど、無理をしているから疲れて家族に当たってしまうんですよね。

私が開催している「ハッピーメイク」講座に来られた方にも、外面はいいのに夫に当たってしまう、と悩んでいる人が来られたことがあったんです。その方は夫に申し訳なくて、何とかしたくて講座に来られたのですが、それはまあ、にぎやかな顔をされた方だったのですよ。彫りが深くて眉も濃く、そのお顔立ちに合わせて洋服もカラフルなものを着ていました。でも本当は、とても上品な性格の方だったの。外見に合わせて違う自分を演じていたから、本質とのギャップに苦しんでいたのです。だから「アナタの持つ品の良さを少しずつ出していきましょう」と、メイクや洋服についてアドバイスしてさしあげたんです。その結果、彼女は毎日がすごくラクになって、夫に当たることもなくなり、夫はすっかり元気になったそうですよ(笑)。

外見って、本当に奥深いんですよ。私も84歳になりますから、みんな私に会う前は、年齢だけ聞いて「椅子を用意しておかなきゃ」などと思うみたい。でもいざ会ってみるとピンピンしているから、「元気をもらいました!」などと言ってもらえるんですね。80代=弱っている、という印象があるから、反対に元気に立っているだけで喜ばれるの(笑)。潜在性格を隠さず出していくようにすれば、ストレスもなく、いつかそんなふうに見た目と内面の違いを楽しめるようにもなりますよ!

PROFILE小林照子1935年生まれ。美容研究家。現在のコーセーを経て、1991年に「美・ファイン研究所」を設立。モデルや女優、政治家など何万人ものイメージ作りを手がけるほか、[フロムハンド]メイクアップアカデミー、青山ビューティ学院高等部東京校・京都校の学園長も務めている。最新著書『48歳からの「いい男」の条件~第一印象を決める自分プロデュース術~』、『50歳から始める「きれい!」の習慣』(きずな出版)が好評発売中。2019年4月より新プロジェクト「アマテラス・アカデミア」を指導し、未来の女性リーダーを発掘、育成している。プライベートでは27歳で結婚。娘の小林ひろ美さんは同じく美容家として活躍中。 この人の回答一覧を見る山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『FRaU』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る 取材・文/山本奈緒子 

小林 照子

2/2ページ

最終更新:2/20(木) 8:00
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事