ここから本文です

現役JKのルナ、れいたぴ、ゆずのマイブームは?「やじるーと」での思い出と卒業後の展望も告白<インタビュー後編>

2/20(木) 7:20配信

ザテレビジョン

AbemaTVの人気恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。」発、現役女子高校生7人によるガールズユニット「みぎてやじるし ひだりてはーと from 今日、好きになりました。」(通称:やじるーと)が、3月11日(水)に初のミニアルバム「また、すぐ会えるよね。」をリリースする。

【写真を見る】撮り下ろしソロカット/ルナ (他、密着仲良しSHOTなど18枚)

インタビュー後編となる今回は、メンバーの流那(ルナ)、山田麗華(れいたぴ)、平野柚希(ゆず)に、卒業後の展望や目標、今ハマっていることなどについて聞いた。

■ 3月末に全員、「やじるーと」を卒業します

――3月末にメンバー全員が「やじるーと」を卒業しますが、卒業後の目標ややってみたいことは?

ルナ「私はこの『やじるーと』の活動を通して、常識とか自分に足りなかったことを学ぶことができました。例えば、ダンスの先生に『ルナならもっとできるよ』って言ってもらえた時に、『自分でももっと頑張れば先に行けるんだ』って思えたんです。だから、『できるところまで努力してみよう』って思えたので、これからはもっと自分を出してもっと輝けるように頑張りたいなって思っています。歌が好きなので歌もやりたいし、自分のスタイルブックとか出したい!」

れいたぴ「私は歌もダンスも苦手で、センスがないんですよ。もう壊滅的で、何回やってもできなくて…。でも、そんな私でも約1年の活動で覚えが早くなって、ダンスができる子との差はあっても個人的にレベルアップできたなって。だから、『挑戦すらしなかったことでも努力を重ねれば成長できるんだな』って感じることができたので、これからは何でも意欲的に挑戦していけたらなって思っています。いつかコスメ系のプロデュースとかしてみたい!私は目が小さ過ぎて、目を大きく見せる効果のあるカラコンを入れても逆効果なんですよ。今はそれしか売ってないから、目を大きく見せるのが目的じゃなくて目の色だけが変わる発色のいいカラコンを作りたいです。あとは、アイシャドーはブラウン寄りの物を使っているんですけど、ブラウン寄りの物を使うと目元が暗くなって目が小っちゃく見えるんです。だから、目元が明るく見えるブラウンを作りたい!」

ゆず「私は元々、歌手と女優さんになるのが夢で、『やじるーと』で歌手の夢に少し近づけたので引き続き頑張りつつ、女優業も頑張りたいなって思います。歌手の夢は『やじるーと』でふいにかなったのですが、実際にやってみて『かなえることが重要なのではなく、なってからの過程や支えてくださる方々とのつながりが大事なんだ』ということを学ばせていただいたので、この経験を生かして次のステップに進んでいきたいです」

■ 一番の思い出を発表!「ももいろ歌合戦」で涙も 

――「やじるーと」での約1年間の活動の中で一番の思い出は?

ゆず「私は、横浜アリーナでの『第3回 ももいろ歌合戦』に出させてもらったことです。規模もすごかったし一体感がすごくあった。私たちのことを知らない人が多い中で、皆さん私たちにペンライトを振ってくださって!」

ルナ「泣いてたもんね」

れいたぴ「でも、この子は割と泣く子です(笑)。『やじるーと』のチャレンジ企画で大縄跳びをしたんですけど、跳べたら一人だけ泣いてたし」

ゆず「それは、大縄を回す人が一生懸命励ましてくれながら回し続けてくれたことに感動しちゃったからっ!」

ルナ「(呆れながら)ここ2人はいつもこんな感じで言い合ってじゃれてるんですよ…(笑)。私は一番の思い出ってなるとやっぱり合宿ですね。その時にすっごく先生の怒られて『終わったな…』とか思いながら泣いたりしてたんですけど、今思えばあの合宿で強くなれたと思うし、『やじるーと』も合宿を通して仲良くなれたと思うし」

れいたぴ「私は夏休みに企画で、みんなで流しそうめんをやったり、お化け屋敷を作ったりしたことです。それまで経験してこなかった“青春”を満喫できたし、絵に描いたようなベタな青春って意外とみんなやらないから、それができたことがすごく楽しかったなって」

■ 意外すぎる!3人がマイブームを告白

――皆さんそれぞれがSNSで多くのフォロワーをもつインフルエンサーですが、現在ハマっていることは?

ゆず「最近やっとYouTubeにハマっています。『容量くうだけや』って思って先月までアプリをダウンロードしていなかったんですけど、入れてみたらハマるハマる(笑)。最近は、YouTuberの”やっちまい家”さんの動画を見てます。歌のスキルが高いし、面白い要素も入っていて、いつか一緒にお仕事できたらなって思っています」

ルナ「ハマっているというか、ずっと続けていることなんですけど、常に冷蔵庫に豆乳バナナを5個ストックしていることです。あと、水も。なんでか分からないんですけど、買っちゃうんですよ(笑)。だから、冷蔵庫は(他に何も入ってなくて)『豆乳』『水』って感じになってる」

れいたぴ「私は手相! 最近、自分の周りで占いブームが来ていて、自分でも見れるようになれたらと思って。でも、人の前世とか過去とか知るのはちょっと怖いから、手相がいいかなって。占いの本とか買って見てるんですけど、漢字が読めないし専門用語が出てきて意味が分からないし…苦戦してます(笑)」

――最後に、ミニアルバムの聴きどころや注目してほしいポイントをお願いします!

れいたぴ「表題曲の『サヨナラなんか言いたくない』の歌い出しの2行はみんなで歌う予定だったんですけど、急きょ私が一人で歌わせてもらえることになったんです。これまでは掛け声とかがメインでソロパートはなかったので、ファンの方に目に見えて成長を見せられる大事な曲になったので、ぜひ皆さんに聴いていただけたらうれしいです!」

ゆず「『青と夏』は、“落ちサビ”のパートをどうしても担当したくて、それを任せてもらえたのがプレッシャーも感じつつもすごくうれしかったんです。同じく、『サヨナラなんか言いたくない』でも“落ちサビ”部分を任せてもらえて、この2曲で大部分のソロをいただけたことがすごくうれしかったので、ぜひ聴いてほしいです!」

ルナ「『じょいふる』は歌っている合間に掛け声が入っていたりと、『やじるーと』の元気さが伝わる曲なので注目してほしいですね。あとは、『メロクラ・(ハートマーク)』の”今日、好きになりました”の部分はみんなで競い合って勝ち取ったパートで、担当を外されないようにレコーディングまで歌の上手い子にアドバイスしてもらいながら毎日自宅でも練習したんです。また、サビの”君も同じでいてくれたら”というパートでは、自分の限界を突破した声が出せた思い入れの深い曲なので、ぜひ聴いてもらいたいです」(ザテレビジョン)

最終更新:2/20(木) 7:20
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ