ここから本文です

なぜボタフォゴは本田を獲得したのか Jクラブ監督経験者の幹部が語る“ケイスケ評”

2/20(木) 19:10配信

Football ZONE web

元ヴェルディ監督で現在はボタフォゴのTMを務めるエスピノーザ氏が本田について語る

 元日本代表MF本田圭佑が現地時間2月8日、ブラジルのリオデジャネイロに拠点を置くボタフォゴのホームスタジアムで地元サポーターに熱狂的な歓迎を受けてから、約2週間が経過した。周囲の興奮が収まる間もなくスタートしたトレーニングは、連日、着々と行われている。

 本田の心をも動かしたと言われる、あのサポーターの熱意があったのはもちろん、そもそもボタフォゴはなぜ本田を獲得したのか。そして、33歳のレフティーにどんな期待をしているのか。

 本田の入団会見で、サッカー部副会長、マーケティング部副会長とともに同席した、ボタフォゴのネウソン・ムファヘッジ会長は、充実した表情でこう語っていた。

「この契約は、サッカーだけでなく、スポンサー活動やビジネスの上でも大事なものとなる。本田はワールドカップ3大会出場という輝かしい経歴の持ち主だ。日本のクラブでもプレーしたし、CSKA(モスクワ)やミランのような、国際舞台でもそうだ。そんな彼を迎えて、我々みんなが名誉に思っている。

 本田、ようこそ、ボタフォゴへ。君は必ずやここで輝き、我々に大きな喜びを与えてくれる。君の成功を祈っているし、ボタフォゴをますます向上させ、広めるために来てくれたことに感謝をしたい。ボタフォゴは非常に有名なクラブだが、本田は必ずやボタフォゴを、ブラジル国内だけでなく、外国でもさらに有名にしてくれるはずだ。そして、我々が必要としている、重要なタイトルをもたらせてくれるだろう。本田、どうもありがとう。」

 会長自ら語る、ピッチの内外での本田効果への、期待の大きさたるや。一方、その熱狂から本田を守り、落ち着いた環境を作りたいと考えているのが、“ピッチの中の責任者”とも言えるボタフォゴのテクニカルマネージャー、ヴァウジール・エスピノーザ氏だ。

 エスピノーザ氏は1997年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)で指揮を執ったこともあり、日本には今も大きな親しみを持ち続けている。彼は、本田の名前が浮上した時、日本で感じたことを思い出したという。

「当時、日本へはサッカーを教えに行ったつもりだったが、私自身、多くを学びもしたんだ。その一つはこれだ。日本の人たちの規律正しさ。やるんだと決めたら、その決意は非常に固く、献身する。そして、自分の仕事を愛し、心を込めて仕事をすることだ」

1/2ページ

最終更新:2/23(日) 17:47
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事