ここから本文です

ふてくされる阪神・江夏豊/週ベ回顧

2/21(金) 10:14配信

週刊ベースボールONLINE

 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

ロッテのMVPは誰に?

 今回は『1970年9月28日号』。定価は80円。
 
 17勝12敗、防御率2.21の阪神・江夏豊の評判がよろしくない。
 9月2日、甲子園のヤクルト戦(甲子園)で3回KOを食らった際、
「もう早いことペナントレース終わらんかな。シーズンオフになったらいいのにな」
 と投げやりな発言。さらに、
「はっきり言って、ワシが勝利投手になるのを喜ばん者がチームにいるんや」
 と言った。これには阪神・村山実監督も激怒。
「当分、江夏をローテーションから外す」
 と一度は言ったが、6日の広島戦に最後のチャンスとばかり先発させると完封してしまった。

 試合後、マスコミの質問に対する答えは1つだけ。
「なんやかんやとたたかれたから一生懸命やっただけや」
 冷戦状態になっていたマスコミには「今後いっさい協力しない」と宣告していたらしい。 

 南海では新人・佐藤道郎がリリーフメーンながら13勝4敗、防御率1.75で新人王候補の最右翼と言われているが、なかなかの強心臓で、野村克也監督に「先発させてほしい」と直訴したという。

 このときは野村監督にこう言われた。
「いまお前を先発で使ってみろ。9回持たんぞ。ワシは監督や。お前の力はワシが一番知ってるんや」
 一応、引き下がったらしい。
 当時はまだセーブ制度がなかった。
 いつも疑問に思うが、野村南海の抑え第1号は間違いなく佐藤。のちの話になるが、江夏豊が1号というわけではない。

 ほぼ優勝決定と言われるパのロッテでは、誰はMVPか話題になっていた。
 9月10日時点で、成田文男21勝8敗、木樽正明18勝7敗、小山正明13勝9敗、アルトマン打率.334、26本塁打、64打点らが候補で挙がっていた。
 大穴は東映の張本勲。ただし、打率4割を達成したら、と言われていた。

 死球を側頭部に受けた阪神・田淵幸一の続報。小さな血腫が頭部にあり、また脳が少しはれているようだが、手術の必要はなく、後遺症も出ないだろう、ということだ。
 また、死球前後の記憶はなく、9月7日現在ではまだ自力で立ち上がれないという。この事故、当時の雑誌ではそれほど深刻に書いていないが、実際はかなりやばかったのではないだろうか。
 今季はほぼ絶望。村山実監督は来季の起用について「しばらくファーストを守らせようと思っている」と話していた。

 では、また火曜日に。

<次回に続く>

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:2/25(火) 11:21
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事