ここから本文です

新型シビックタイプRが“控えめ”になった? 海外仕様のみの「スポーツライン」がおとなっぽくてイイ!

2/21(金) 11:52配信

GQ JAPAN

ホンダの新型「シビック タイプR」の海外仕様は、日本仕様には設定されない注目グレード&装備があった!

【写真を見る】控えめなリアスポイラー

リアスポイラーの小型化

新型ホンダ「シビック タイプR」が2月20日に発表された。日本国内仕様と同時に海外仕様も発表され、海外向けモデルには、日本仕様に設定がない「スポーツライン」をラインナップすることも明らかにされた。

ホンダはスポーツラインについて「シビックタイプRの卓越した走行性能を維持しつつ、より控えめなスタイリングとより洗練された乗り心地を備えています」とうたう。

エクステリアでは大型リアスポイラーを小型化し、インテリアでは遮音材を追加して快適性を高めたという。ダークグレーの19インチアルミホイールや専用フロントグリルなどが主張するものの、従来のタイプRと較べれば、見た目は随分マイルドになった印象を受ける。まさに“大人のための”タイプRというべきモデルだ。

音へのこだわりも

新型では全モデルに「Active Sound Control(ASC)」も採用された。原音にくわえ、スピーカーを介した調整音によりサウンドメイキングされ、迫力あるエンジンサウンドを演出する。ASCは、走行モードが「スポーツ」および「+Rモード」のときは常時作動し、「コンフォート」では加速中のみ作動する。

データロガー機能「Honda LogR」も搭載する。インパネ上部の7インチのディスプレイにコーナリング時のGやラップタイムなどを表示し、このデータをスマートフォンに転送することもできる。

スポーツラインおよびASC、Honda LogRは海外仕様モデルのみの設定で、日本仕様への採用は未定という。

文・稲垣邦康(GQ)

最終更新:2/21(金) 11:52
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ