ここから本文です

新型コロナウイルスに向け、サンリオ決断「ピューロランド」臨時休館 他のテーマパークの状況とは?

2/21(金) 15:13配信

KAI-YOU.net

サンリオが運営する東京都・多摩市のテーマパーク・サンリオピューロランドと、大分県・日出町のテーマパーク・ハーモニーランドが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2月22日(土)から臨時休館する。

【画像】『どうぶつの森』にも新型コロナの影響

再開は3月13日(金)を予定しているが、感染状況や行政当局からの情報を見極めたうえで検討するとしている。

サンリオが決断、チケットの払い戻しにも対応

今後の最新情報は、サンリオピューロランドとハーモニーランドの公式サイトを通じて公開される予定。

なお、イベントチケットや3月10日(火)までの事前販売各種ピューロパスとアニバーサリータイムの購入者には、全額の払い戻しが行われる。

該当するイベントの払い戻し方法については、ピューロランドの公式サイトに随時情報を掲載予定となっている。

東京ディズニーリゾートなど他のテーマパークの対応は?

アニメやゲームなど、さまざまなイベントが中止・延期を発表するなど、影響が広がっている新型コロナウイルス感染症。

直近でも厚労省がイベントの開催について、一律自粛は要請しないとしつつ、「開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします」と呼びかけたばかり。

一方、サンリオピューロランドのようなテーマパークでの対応としては、東京ディズニーリゾートではキャストのマスク着用、消毒液の設置をアナウンスしている。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムやよみうりランドでもスタッフのマスク着用を決定。ただこれらは1月時点もしくは厚労省の発表前のものであり、今後変化する可能性もある。

富士急ハイランドでは2月21日に「新型コロナウイルス関連肺炎の発生に関する対応について」というお知らせを発表。

アトラクションは1日2回のアルコール消毒を実施、レストラン・ショップ(一部施設)では次亜塩素酸を利用した空間除菌脱臭機を設置して24時間稼働など、具体的な対応策を示している。

Yuuki Honda

最終更新:2/21(金) 15:13
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ