ここから本文です

デシャンが狙う前人未到の大偉業【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

2/21(金) 22:05配信 有料

SOCCER DIGEST Web

フランス代表史上初めて100試合采配の“大台”に

選手としても監督としてもW杯とEUROを制した人物はいない。前人未踏のその大偉業を狙うのがレ・ブルーの指揮官、デシャンだ。(C) Getty Images

 フランス代表の選手としてワールドカップとEUROをどちらも制しているデシャンが、さらなる2冠を狙っている。2018年W杯のこの優勝監督がEURO2020でも頂点を極めれば、計4冠はもちろん前人未到の大偉業だ。(文:フランソワ・ヴェルドネ/訳:結城麻里 2020年2月6日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック フランス』を転載)

―――◆―――◆―――

 51歳の“若さ”にして100試合采配の「大台」を祝う。こんな格別な贅沢を提供できるのは、至高のフットボールだけかもしれない。

 フランス代表のディディエ・デシャン監督は、2019年11月17日にEURO2020予選を戦い、それが代表監督就任100試合目の節目となった。記念すべきその一戦で、レ・ブルー(フランス代表)はアルバニアをアウェーで下している(2―0)。

 この勝利は、レ・ブルーの指揮官 本文:5,024文字 写真:2枚 自国開催の1998年W杯に続いて、EURO2000でもキャプテンとして優勝カップを掲げたデシャン。現役当時から栄冠をほしいままに。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2/21(金) 22:05
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ