ここから本文です

浦和DF鈴木、VARハンド認定のPK献上シーンに海外衝撃 「彼は手ですくい上げた!」

2/21(金) 21:52配信

Football ZONE web

J1リーグ開幕戦で湘南に3-2勝利も…後半途中にPKを献上した鈴木のプレーに脚光

 2020年のJ1リーグ開幕戦が21日に行われ、浦和レッズが湘南ベルマーレに敵地で3-2と勝利した。後半途中に浦和DF鈴木大輔が自陣エリア内でハンドを犯し、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりハンド判定でPKを献上。このシーンをピックアップしたオーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」が「手ですくい上げた」と驚きをもって報じている。

【動画】「彼は手ですくい上げた!」と海外衝撃! 浦和DF鈴木大輔がエリア内でハンド、VARチェックでPK判定の瞬間

 試合は前半7分、湘南MF鈴木冬一のクロスからFW石原直樹がヘディングで合わせて先制弾。それでも浦和は前半39分、DF山中亮輔のパスに抜け出したMF汰木康也が中央にクロスを送り、FW興梠慎三が同点ゴールを奪って1-1の振り出しに戻した。さらに同42分、CKの流れからFWレオナルドがゴールを決めて、浦和が2-1と逆転してハーフタイムを迎えた。

 ところが後半20分、鈴木冬のクロスからMF山田直輝に被弾。2-2と追いつかれたなかで迎えた同24分、浦和DF鈴木が自軍エリア内で相手ともつれ合った際、ボールを手で巻き込むようにしてピッチに戻した。一度プレーが流れたものの、佐藤隆治レフェリーにVARから助言が入り、映像確認により鈴木のハンドと認定され、湘南にPKを献上した。

 J1リーグ戦においてVARチェックによる初の判定変更となったが、これを湘南が外して事なきを得た浦和は、同40分にMF関根貴大が決勝ゴールを決めて浦和が3-2と開幕戦勝利を手にした。

 オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは、鈴木が献上したPKシーンに注目。「VARがJリーグに導入され…十分に公平だった」と記し、「彼は手でボールをすくい上げた!」と決定的瞬間も紹介している。浦和は最終的に勝利したが、VARによる鈴木のPK献上シーンは注目の的となっているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/21(金) 22:47
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ