ここから本文です

ライプツィヒ、アタランタらが先勝。 CLは「無欲」が下馬評を覆す

2/21(金) 6:50配信

webスポルティーバ

チャンピオンズリーグ(CL)が再開した。決勝トーナメント1回戦。この火曜日、水曜日に行なわれた第1戦の4試合(アトレティコ・マドリード×リバプール、ドルトムント×パリ・サンジェルマン、アタランタ×バレンシア、トッテナム・ホットスパー×ライプツィヒ)の中で、客観的に見て、最も競った戦いになると思われたのは、スパーズ対ライプツィヒだった。

【動画】ライプツィヒ怒涛の攻撃

 スパーズは今季の国内リーグでは目下5位。ソン・フンミン、ハリー・ケインの主力FWが故障でたて続けに戦列を離れる災難にも見舞われている。一方、ライプツィヒは、CLの決勝トーナメントの戦いこそ初めてながら、国内リーグでは王者バイエルンと首位争いを演じている。国内リーグのレベルでプレミアがブンデスに勝る分、スパーズにプラスアルファが加味されるとはいえ、いい勝負になりそうな気配は濃厚だった。

 この現実を両チームはどう捉えたか。CLの決勝トーナメントは、弱者にプラスの要素が働きやすい傾向がある。格上との一発勝負には、「負けてもともと」の気楽さが追い風として働きやすい。負けられない立場に置かれた強者は少なからず慎重にプレーする。

昨季の準優勝チームとしてのプライドも災いしたのか、スパーズは実際、受けて立ってしまった。58分、左SBベン・デイビス(ウェールズ代表)がライプツィヒのMFコンラート・ライマー(オーストリア代表)を倒してPKを献上。これをティモ・ヴェルナー決められて決勝点とされた。

 とはいえ、もう一度戦えばどちらが勝ちそうかという視点でこの試合を振り返れば、スパーズとなる。ライプツィヒに勢いはあったが、攻撃が真ん中に固まる傾向が強く、攻撃の質は高いとは言えなかった。ホームでの第2戦は目の前に勝利がちらつくなかで行なわれる。地元サポーターを前に無欲を貫くことはできるのか。色気を出して5バックで守りを固め、逃げ切りを図ろうとすれば、高い確率でやられると見る。

 4-1。アタランタ対バレンシアは思わぬ大差がついた。アタランタはグループリーグを2勝1分3敗という16チーム中最も悪い成績で通過した。典型的な弱者である。ベスト16入りはもちろん、CL出場もクラブとして初の体験だ。このホームでの第1戦は、まさにお祭りだった。しかも相手のバレンシアは、スペインリーグで現在7位に沈んでいる狙い目のチームだ。

1/3ページ

最終更新:2/21(金) 6:50
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ