ここから本文です

パのヒーローが野村さん。敵将として苦い経験をし、二軍監督では奇妙な関係。監督としては影響を受けたよ【岡田彰布のそらそうよ】

2/22(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

天に召されたと聞いた瞬間あの試合のことを思い出した

野村さんが阪神の監督をされていたとき、オレは二軍監督を任されたが、直接会話したことがあまりなかったな。だが、野村野球を一軍監督になって大いに参考にしたよ/写真=BBM

 実家が大阪・玉造。近くに大阪城、そして近鉄の本拠地だった日生球場もすぐそばにあった。当時はいつもガラガラの入り。確か試合が7回を過ぎれば、外野席が無料開放されていたと思う。だから小さなころは日生球場によく行ったものだ。

 タイガースファンやったけど、とにかく野球が好きでたまらなかったから、パ・リーグの試合もよく見た。日生球場同様、よく足を運んだのが大阪・難波にあった大阪球場。そう、南海ホークスの本拠地である。実はオレ、ホークスと縁があった。小学4年生のとき、入会したのが「リトルホークス」というチームで、中学1年生の夏まで4年間、ここで練習したのである。

 難波から南海電車に乗って中百舌鳥駅へ。ここにホークスの練習場があって、4年間泥だらけになって練習したものでした。当時コーチだったのが杉浦さん(杉浦忠さんではない)という人で、とにかく厳しい指導を受けた。その杉浦さんは野村克也さんと親しく、のちにマネジャーのような存在だったと記憶している。だから野村さんにまつわる話をよく聞いたし、いつの間にかパ・リーグのヒーローは野村さん……。そんな思いを持っていた。



 野村さんが天国に召された。突如の訃報だったが、頭に浮かんだのがヤクルトの監督時代のこと。そしてタイガースの監督時代のことやった。

 ヤクルトと阪神。オレが現役時代、ヤクルトはそんなに苦手な相手ではなかった。左投手の梶間(梶間健一)さんや安田(安田猛)さんには苦しんだが、それ以外はよく勝っていたというイメージしかない。でも、そんな印象が一変したのは野村さんが監督に就任してしてからやった・・・ 本文:2,244文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:2/22(土) 10:15
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ