ここから本文です

岡村隆史に塚地武雅「芸人役者」の活躍再び、演技力が高いその背景

2/22(土) 21:00配信

週刊女性PRIME

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で岡村隆史演じる菊丸が話題を集めている。

 公式サイトによると菊丸は、《神出鬼没で、敵か味方かわからない》三河出身の農民。2月9日放送の第4話では、主役で長谷川博己演じる光秀のお供として登場し、軽妙な演技が印象に残った。その行動ぶりから、単なる農民ではないのではとみる視聴者もいて、今後も活躍しそうな気配だ。

【写真」岡村隆史が公開した豪華共演者とのインスタ写真、『西郷どん』打ち上げに参加する塚地武雅

 一方、フジテレビ「オトナの土ドラ」枠で放送中の連続ドラマ『パパがも一度恋をした』で、亡くなった妻が、なぜか「おっさん」の姿となって帰ってくるという役どころで、自身初の“ヒロイン”を演じるのが、ドランクドラゴンの塚地武雅。見た目は完全におじさんなのに、小澤征悦が演じる夫のもとに帰ってきた、“妻”という役どころを、コミカルに演じている。

過去には大物芸人も役者で活躍

 以前から芸人が役者としてドラマや映画に出ることはあるが、最近また“芸人役者”の活躍が目立ちはじめている。

「岡村さんは、かつて映画『岸和田少年愚連隊』や『無問題』で主演を経験し、ヒットさせています。ほかにも『踊る大捜査線シリーズ』や『妖怪大戦争』、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でも印象に残る重要な役どころを演じました。塚地さんは、役者としてブレイクした『間宮兄弟』と、あとはなんといっても『裸の大将』シリーズですね。味のある存在感はほかにないと思います」

 と、ある芸能記者は言う。

 もちろん、この2人だけでなく、お笑い芸人またはお笑い出身者の役者としての活躍は、過去を振り返れば大物もいる。

「大物だと、竹中直人さんや片岡鶴太郎さんに伊東四朗さん。監督も務めるビートたけしさんもそうですよね。吹越満さんは劇団WAHAHA本舗に所属していましたし、石井正則さんはお笑いコンビ、アリtoキリギリスのボケ担当、ラーメンズの片桐仁さんなんかも、いまや俳優として欠かせない存在ですよね。原田泰造さん、山口智充さん、友近さんに、大地真央さんとのCM、“今野、愛はあるんか?”で有名な今野浩喜さんも大活躍です」(同芸能記者)

1/2ページ

最終更新:2/22(土) 21:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事