ここから本文です

日本アカデミー賞最多12部門受賞記念! 「翔んで埼玉」埼玉県内&池袋で復活上映決定

2/22(土) 8:00配信

ザテレビジョン

魔夜峰央のコミック「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)を原作に、二階堂ふみとGACKTをダブル主演に据えて映画化した「翔んで埼玉」。2019年2月22日より全国319スクリーンで公開されるや、埼玉県に対する徹底的な“ディスり”が話題となり、全国各地で大ヒット。最終的に興行収入37.6億円超を記録した。連日多数のメディアにも取り上げられ、SNSでも絶賛コメントが相次ぐなど、社会現象ともいえるブームを巻き起こしたことも、本作の特筆すべき点だ。

【画像を見る】映画「翔んで埼玉」劇場公開時のポスタービジュアル。百美(二階堂ふみ)が掲げる旗に書かれた「何も無いけど いい所!」の文字がなんとも味わい深い

さらに、今年2月8日に地上波で初放送されると、平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の好成績をマーク。放送時間帯には、Twitterの世界トレンドで1位、国内のトレンドは1~20位を「翔んで埼玉」のワードが埋め尽くすという異例の事態に。今なお「翔んで埼玉」旋風の勢いはとどまることを知らない。

そんな中、本作の公開からちょうど1年目を迎えた本日2月22日、劇場で“復活上映”されることが決定した。

来たる3月6日(金)に授賞式が行われる「第43回日本アカデミー賞」にて、「優秀作品賞」「優秀監督賞」「優秀主演女優賞」「優秀主演男優賞」「優秀助演男優賞」など、最多12部門での優秀賞を受賞した本作。今回の復活上映は、これを記念して、またこれまで作品を応援してきたファンへの感謝も込めて、今年3月より行われるもの。上映館は、本作の“ご当地”である埼玉県の3劇場と、昨年の公開時から「この映画を一番楽しんで見られる地区」と評判を呼んだ、“埼玉県の首都”の異名を持つ東京・池袋のグランドシネマサンシャインが決定している。

中には、すでに100回以上鑑賞しているファンもいるという映画「翔んで埼玉」。日本アカデミー賞をきっかけに興味を持ったという人も、タイミングを逸して、つい見逃してしまったという人も、本作を劇場で堪能できる絶好のチャンスだ。(ザテレビジョン)

最終更新:2/22(土) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事