ここから本文です

久保建英は「マジョルカの攻撃を牽引」 1G1Aの活躍に現地紙「ゴールで最高潮に達した」

2/22(土) 11:10配信

Football ZONE web

ベティス戦で今季2点目を含む3得点を演出し、敵地での3-3ドローに貢献

 スペイン1部マジョルカは現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第25節で12位のベティスと対戦。日本代表MF久保建英は後半25分に今季2点目となる同点弾を記録し、敵地での3-3ドローに貢献した。スペイン紙「AS」は「マジョルカの攻撃を牽引した」とその活躍を報じている。

【動画】「キャプテン翼になった」とスペイン紙称賛 マジョルカ久保建英、右足を振り抜いて決めたベティス戦の同点弾

 1月19日の第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続いていた久保は、ベティス戦で先発に復帰。前半から好パフォーマンスを見せると、先制点につながるシュートを放っただけでなく、チーム2点目のアシストも記録した。

 前半を2-2で終えたマジョルカだが、後半開始早々に勝ち越しゴールを奪われ、そこからは苦しい展開に。しかし、久保が同25分にチームを救う。前線での守備からFWアンテ・ブディミルがボールを奪うと、ボールは久保の足元へ。対面したアルジェリア代表DFアイサ・マンディを突破し、カバーに入ったDFアレックス・モレノも細かなステップで翻弄。最後は右足を振り抜き、GKジョエル・ロブレスを破るグラウンダーのシュートを突き刺した。

 試合はそのまま3-3で終了し、勝ち点1を分け合う結果となった。マジョルカは勝ち点を「22」に伸ばし、暫定ながら降格圏を脱出して17位に浮上している。

 スペイン紙「AS」は試合後のレポートで久保の活躍に注目。「日本人はマジョルカの攻撃を牽引した」として、「5試合連続でスタメンを外れた後、タケ・クボはキャプテン翼に変身し、ビセンテ・モレノ監督に右サイドのレギュラー定着をアピール」と伝えた。そして、「日本人は素晴らしいパフォーマンスを見せ、それはゴールによって最高潮に達した」とベティス戦で見せた圧巻のプレーを称賛している。

 約1カ月ぶりの先発出場で見せた“満点回答”には、現地紙も賛辞を惜しまないほどのインパクトがあったようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/22(土) 11:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事