ここから本文です

久保建英、1ゴール1アシストでスペインメディアが賛辞「大空翼に変身した」

2/22(土) 8:01配信

フットボールチャンネル

 マジョルカの久保建英は現地時間21日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のベティス戦にフル出場し、1ゴール1アシストを記録した。スペインメディアが同選手のパフォーマンスを高評価している。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 6試合ぶりに先発の座を手にした久保は16分、左足でシュートを放つと、DFにブロックされたボールをクチョ・エルナンデスがダイレクトボレーで捉えてゴール。先制点に絡む。

 1-1に追いつかれたあとの27分には、ペナルティエリア左からの折り返しでアシストを記録した。すると、逆転されて迎えた70分には、自身のドリブル突破から右足のシュートをねじ込み、今季2得点目を挙げている。

 『アス』はマッチレポートの中で、「久保がマジョルカの攻撃をけん引した」と記し、「大空翼に変身した」と絶賛している。

 4段階で選手のプレーを評価する『マルカ』は、久保に上から2番目となる評価を付けた。これはマジョルカ最高タイの評価。久保のほかにはクチョ・エルナンデス、アンテ・ブディミルの得点者2人が同じ評価だった。

 10点満点で評価する『ホルナーダ・ペルフェクタ』は、久保に「8」を付け、クチョ・エルナンデスと並ぶ最高点となっている。同メディアは「ベティスの守備にとって悪夢となった。2点目を演出し、個人技で3点目を記録。(ベティスGK)ジョエルはもっとうまく対応できたかもしれないが、彼はゴールに値した」と記し、久保の活躍を高く評価している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2/22(土) 11:17
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ