ここから本文です

「カスターオイル」でまつ毛はどこまで伸びるのか

2/23(日) 0:01配信

コスモポリタン

ふさふさでゴージャスなまつ毛、憧れますよね! まつ毛のケアには、最近「カスターオイル」を塗るのが世界中でブーム。市販のまつ毛美容液も人気ですが、色素沈着の原因になるとの噂もあったり…その点、天然由来のオイルなら安心&安全。

【写真】マツエクなしでも盛れる!おすすめの「優秀マスカラ」9選

本当に効果はあるのか、筆者が二週間試した結果をご紹介します。

カスターオイルとは?

カスターオイル、別名ひまし油は、トウゴマの種子から採取される植物油の一種。髪や肌への高い美容効果から、クレオパトラが愛したオイルとも言われています。

そのわけは、豊富に含まれる「脂肪酸」という成分。シミやシワをケアしたり、ニキビを改善したり、さらにはドライアイや眼精疲労へアプローチするという説も。この「脂肪酸」が、健康な毛髪を育てるのにも役立つのだそう。

カスターオイルの選び方

おすすめなのは、高品質な「コールドプレス製法」または「低温圧搾法」で作られたオーガニックなもの。今回は、Amazonで気軽に手に入るもののなかから、口コミで評価の良かった「ヘリテージストア」のものをチョイスしました。

オイルの塗り方

参考にしたのは、美容YouTuberサラ・トランの動画。やり方はとてもシンプルで、綿棒を使い、まつ毛の生え際から先端に向かって塗っていくだけ。

マスカラを塗るように、オイルでまつ毛をコーティングするのがコツ。これを毎晩、寝る前に行いました。憧れのばさばさまつ毛を目指し、ひたすら塗っていく日々。

果たしてその効果は…!?

ビフォーのまつ毛は左の写真。メイク時間を短縮するため眉毛にアートメイクを入れるほど面倒くさがりな筆者は、まつ毛エクステに頼ること5年以上。そのせいか、ところどころ抜けて、まつ毛の密度は低め。さらに目をこする癖のせいで、目尻や目頭のまつ毛は切れたり抜けたり、短くてまばら。

中央が、1週間後。自分でも「おや?」と思うほどの変化が出てきたのがこの頃。特に効果を実感したのは、目頭。これまでまつ毛の存在を感じなかったエリアから、しっかりとしたまつ毛が出現!

そして、右の写真は2週間経ったときのもの。全体的に長さが出て、特に目頭側が長くなっているのが分かりますでしょうか? 下まつげに関しては、毛が少なくなっていた部分(私の場合は目尻側)が長く、濃くなった気が。

マツエク時代と同じくらいまつ毛全体が伸びたというと、そういうわけではないけれど、弱っていた部分が補強された印象。自分にしかわからない変化だったとしても、これ、めちゃくちゃテンションが上がります…! また、カスターオイルの保湿効果のおかげか、肌のツヤがよくなったというオマケも。

1/2ページ

最終更新:2/23(日) 0:01
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ