ここから本文です

50~60代の婚活男性が女性に求める「非現実的」な条件と、謎すぎる子作りへの自信

2/23(日) 21:30配信

週刊女性PRIME

 40代後半、50代、60代男性のプロフィールに書かれている“お相手女性の希望年齢”欄を見たときに、仲人たちが苦笑いすることがしばしばあります。結婚相手に、親子ほど年が離れている女性を求めている人たちがいるからです。ライターをしながら、仲人としても現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は、「その年齢で父親になりたいと思う男性の心理」について考えたいと思います。

【写真】芸能界、50歳を過ぎて父親になった人たち

資産家の62歳が求める女性の年齢は?

 先日、仲人型の結婚相談所で恒例のプロフィール交換会に参加してきました。ネット婚活が当たり前になっているいまの時代に、A4用紙に印刷した会員のプロフィールを交換し合うアナログの交換会。これは通称“手組み”と呼ばれていて、交換するときに、その会員さんの性格やバックグラウンドなどが聞けるので、成婚にも結びつきやすい貴重な機会なのです。

 公民館や地区センターの一室を借りて行われることが多いのですが、広い室内には長テーブルがいくつか置かれ、20代、30代、40代、50代、60代と区分けされた場所に、男女分けてプロフィールが並べられています。

 60代男性のところを見ていた私は、とても若々しい印象の62歳の男性のプロフィールを見つけ、手に取りました。

 男性の年収は1100万円。都内の高級住宅街が密集する地区にお住まいの地主さんでした。年収のほかにも資産がおありです。そこで、その男性のお仲人さんに声をかけ、「ウチのこの女性とお見合いできないかしら」と、53歳のプロフィールを見せました。

 私の会員である53歳の女性は、とても若々しくて、語学が堪能。その語学を生かした仕事をしていて、年収が1000万円ありました。すると、お仲人さんは、男性プロフィールの“希望年齢”が書かれている欄を指で差しながら言いました。

「ほら、ここ、ここ」

 そこには、「41歳までの女性が希望」と書かれていたのです。

 彼の仲人さんが、私に言いました。

「この男性はね、子どもが欲しいのよ。この間までは、女性の年齢を“39歳まで”としていたの。でも、全くお見合いが組めないから、2歳あげて41歳にしたのよ」

 62歳の男性ですから、41歳でも21歳の年齢差があります。親子でもおかしくない年齢ですよね。

 彼のお仲人さんは、続けました。

「お金もあるし、見た目も素敵。でも、現実をわかっていないの。仮に62歳で結婚したとして、すぐに子どもが生まれても20歳のときには82歳よ!」

 もちろん人間の寿命は、人によって違います。もしかしたらその男性が、100歳まで生きるかもしれません。でも、そうではなくてわが子の成人式の晴れ姿を見る前に、人生の終焉を迎えてしまうかもしれません。それは、神のみぞ知る! 

 この男性は、莫大な資産があれば、若い女性と結婚できると思っているのでしょうね。

1/3ページ

最終更新:2/23(日) 21:30
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事