ここから本文です

元AKB48佐藤七海、“復帰”発表の反響は「小栗有以ちゃんと佐藤朱ちゃんからLINEがきました」

2/23(日) 17:34配信

ザテレビジョン

2019年9月30日にAKB48 Team8を卒業した佐藤七海が、2月23日に東京・Aliceアクアガーデンにて「1st バレンタインソロイベントFrom Your ななみん?」を開催。イベント前に囲み取材に応じ、芸能活動再開報告の反響や今後挑戦したいことなどを語った。

【写真を見る】チャームポイントの美脚があらわになった姿を披露

佐藤は2000年1月19日生まれ、岩手県出身の20歳。チーム8では岩手県代表として2014年4月から2019年9月まで5年半活躍し、2020年2月15日に自身のTwitterにて芸能活動再開を発表していた。

その発表について、仲間からの反響を聞かれると「卒業して、『これからどうするの?』って聞かれたときに、『何も考えてない』『芸能界に戻る気はない』ってチーム8のメンバーに言ってきたので、全然誰にも相談してなくて(笑)。

(メンバー)みんなはネットで見て知ったと思うんですけど、何も言ってこないですが、内心驚いていると思います」と告白。

続けて「あ、でも小栗有以ちゃんと佐藤朱ちゃんからLINEがきました。『おめでとう! これからも会えたらいいね』みたいな」と明かした。

また、今後共演してみたい人については「そうですねぇ…(笑)。チーム8で(卒業後)芸能界に戻っている子が半々くらいで、多いとは言えないので、私が先陣を切って活躍できたらいいなと。『あんた、ロケロケ!』(「AKB48チーム8のあんた、ロケロケ!」)っていう番組をやっているんですけど、かわいい女の子とかメンバーが大好きなので、私がMCとして回せるようにMC力を鍛えたいと思います」と、チーム8との再共演を楽しみにしているようだ。

■ 佐藤「元アイドルとは思えない…(笑)」

そして、AKB48時代同様に歌やダンスの仕事の可能性を聞かれ、佐藤は「可能性はあります。この間、卒業してから太田夢莉(元NMB48)さんのソロコンサートをチーム8のみんなと見に行かせていただいたんですけど、それを見てやっぱりすごいなと。

私ももともとは歌って踊ることが好きなので、この後もマネジャーさんにお願いして、できたらいいなと思います」と展望を話した。

さらに「板野友美さんやみるきー(渡辺美優紀)さんが3人でユニットを作る(鈴木愛理と3人でイベント共演)というのを見て、卒業しても違うチームの方とユニットが組めるんだと。そういう発想がなかったので、ぜひそういう機会があったらやってみたいですし、ソロでも歌ったり踊ったりができたらいいなと思います」と笑顔を見せた。

早速、2月23日の復帰後初イベントでは、歌ったり踊ったりする場面があることも明かし、「さっきリハーサル(取材前)したんですけど…元アイドルとは思えないほどの歌声で不安(笑)。配信もあって、ここに来られない方も見ていただけるので、ヤバいぞってまとめられないように頑張ります」と苦笑いで告白していた。(ザテレビジョン)

最終更新:2/23(日) 17:34
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事