ここから本文です

ギャグマンガの登竜門・赤塚賞29年ぶりに入選。「せめてマンガ家として死にたかった」おぎぬまXの波瀾万丈"半生"

2/23(日) 6:20配信

週プレNEWS

ギャグマンガの新人発掘として知られる赤塚賞から29年ぶりに入選者が現れた。過去90回のうち、入選者はわずか5名という超難関を突破したのが、おぎぬまXだ。

中学時代からマンガ家になるべくあがいた、彼のジェットコースター半生をたどる!

■中学時代からテントでマンガ評
――そもそもマンガ家を目指したきっかけは?

おぎぬま マンガ家を目指し始めたのは中学時代からですね。とにかくマンガが好きだったんですけど、20年くらい前ってそれだけでオタク扱いだったんですよ。『ジョジョ(の奇妙な冒険)』を読んでるだけで、全身の関節を曲げられるいじめを受けたり。

――偏見がひどい!

おぎぬま ただ、偶然にも課外活動のボーイスカウト仲間ふたりがマンガ家を目指していたんですよ。夜中に50kmくらい歩くナイトハイクの間、ずっとマンガについて語ったり、とにかく熱量がすごくて。そのときにマンガ家になりたいと打ち明けたら、彼らも「俺も」と。 

――初めてのマンガ仲間に出会ったわけですね。

おぎぬま それからは1ヵ月に1本マンガを作って、キャンプのときにテントの中で誰が一番うまいとか構成力があるかとか、朝まで作品を批評し合ってました。



――そのおふたりの今は?

おぎぬま 彼らは大学を卒業する頃にはマンガ家を諦めて、家庭を築いたり、就職してたり。でも、当時はなんなら僕が一番落ちこぼれで、ふたりは天才肌だったんですよ。

あ、天才肌といえばマンガとは全然関係ないんですけど、僕も床オナ派なんですが、床オナ派の人って天才肌だと思ってるんです。そのことを話すとみんな笑うけど、帰りの電車で「実は俺も......」とカミングアウトするやつもいたりして。やっぱみんな隠すんですよね、それが悔しくて。結局フタを開けたら、ビル・ゲイツだってやってるかもしれないのに、隠してたら証明できないじゃん!と。

――見事に関係ないし、ド下ネタ! とにかく学生時代はマンガ一本だったと。

おぎぬま そうです。高校時代、出版社への初めての持ち込みも3人で行きました。その後、大学時代もいろいろ賞に応募したり持ち込みました。

■マンガのために一度は芸人の道へ
――当時からギャグマンガを描いていたんですか?

おぎぬま そのときはシリアスなマンガです。『進撃の巨人』の逆みたいな、小人が主人公で人間にお湯をかけられて全滅みたいな。

――でも、大学時代から学生芸人を始めたんですよね?

おぎぬま いくら持ち込んでもダメで、編集者に「向いてないよ」と直接言われたり、遠回しに芸人や役者を勧められて、真に受けたんです。大学卒業後、養成所に行ったんですけど、親もそのほうがいいという雰囲気でした。 

――入ったのはプロダクション人力舎の養成所だそうですが、何か理由は?

おぎぬま ユルそうだったから(笑)。でも、東京03さんとキングオブコメディさんが「キングオブコント」で優勝してノリに乗ってたんです。

――芸人生活は2014年までの4年ほど。もうマンガには見切りをつけていた?

おぎぬま いえ、誰にも言っていなかったけど、芸人として売れてマンガを描くつもりでした。芸人ってキャラが大事だから、元マンガ家志望というのは言ってましたけどね。



――あくまでも芸人はマンガ家への過程だと。

おぎぬま 最初はそのつもりでした。でも毎日が刺激的でめっちゃ楽しかったです。月収600円とか、お正月特番で朝5時から延々待たされてギャラがお餅1個だったときは、さすがに「地獄!」と思いましたけど。

1/3ページ

最終更新:2/23(日) 6:20
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事