ここから本文です

今こそ知っておきたい、「極端な食事制限」によるダイエットの弊害

2/24(月) 0:02配信

ハーパーズ バザー・オンライン

クラッシュダイエットは、痩せたい悩みに素早く、比較的簡単な“解決策“を提供してくれて、いろいろな点で心がそそられる。人気のクラッシュダイエットには、ジュースダイエットや7日間のデトックスダイエット、ミリタリーダイエット、悪名高きケトダイエットなどがある。しかし、素早く体重減の効果が現れる一方で、クラッシュダイエットは持続可能(サステイナブル)なのか、あるいは長期的にみると健康を害したりしないのかという疑問が残る。

【写真】絶対に従ってはいけない!根拠のない健康アドバイス35

そこで、管理栄養士のヘレン・ボンドに、痩せるためにクラッシュダイエットすることの良い点と悪い点、潜在的リスクについて聞いてみた。

クラッシュダイエットってなに?

クラッシュダイエットとは基本的に、急速に体重減を達成するために主要な食品群をいくつか(あるいは全部!)排除することを目的として、短期間に行う痩せるダイエット全般を指す。

多くの人がクラッシュダイエットをしたがる理由は?

素早く体重を落とせるダイエットは魅力的。特に、目標とするゴールやイベントが控えていたら、なおさらだ。

「クラッシュダイエットは典型的なごく低カロリーのダイエットで、短期間、非常に制限された食事を摂るのです」と、ボンド。

「クラッシュダイエットは、長い間の悩みに素早く対処する解決策をオファーしているので、とても魅力的に見えます。たいていは、あまり努力しなくても1週間に2ポンド(約900g)以上は脂肪を落とすと保証していることが多いですね」と、ボンド。「しかし、食べ物やカロリー摂取が厳しく制限されると体重を維持するのは困難で、またすぐに、そもそも体重が増える原因になった食習慣に戻ってしまいます」

クラッシュダイエットがもたらす健康リスク

クラッシュダイエットにはどのような潜在的リスクがあるのだろう? クラッシュダイエットのやり方は簡単で、カロリー摂取を減らすだけのことが多いが、その深刻な報いが健康状態に現れる。

「簡単に言うと、クラッシュダイエットを実践している人には悪いニュースですが、栄養的にバランスがとれていないため、長期的には身体的にも精神的にも健康に害を及ぼします」と、ボンド。

「低血糖値のため、疲れてイライラした気分になり、集中力が欠如し、ちゃんと機能しなくなります。また、極度の空腹感に陥るため、ようやく食べられるようになると過食してしまい、しかも不健康なものを選んでしまうことが多いので、体重が戻ってしまうのです」と、ボンドは説明する。

1/2ページ

最終更新:2/24(月) 0:02
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ