ここから本文です

残ったおかずをムダにしない冷凍。おにぎりにすれば昼が食べごろ

2/24(月) 21:10配信

ESSE-online

少しずつ暖かい日も増えてきました。これからの季節は、前日の夕食の残りなど、おかずの傷みが早くなってきます。
今回はライフオーガナイザーの佐藤美香さんに、手軽にできるおかずの冷凍保存方法とリメイク料理、収納方法について伺いました。

古い冷蔵庫でも簡単に「急速冷凍」できる100円グッズ

フードロスを防ぐ!残ったおかずや半端野菜を埋もれさせない方法

せっかくつくったお料理を無駄にしないためには、上手に保存をすることと、美味しく食べきることが必要です。保存とリメイク料理のアイデアをお伝えします。

●プルコギ・ショウガ焼きは、おにぎりの具に

夕飯につくったプルコギやショウガ焼きなど、味が濃いおかずが残ったら、一口サイズの量をラップに包み冷凍しておきましょう。冷凍おにぎりの具として便利に使えます。
つくり方は簡単、温かいご飯の中に凍ったまま入れてにぎるだけ。朝つくって、お昼に食べる頃には解凍されています。
プルコギに、韓国のりを合わせるなど、いつもとちょっと違ったおにぎりを楽しめます。

●少し残ったカレーやシチューは、後日ボリュームある1品に変える

少しだけ残ったカレーやシチュー、どうしていますか? 冷蔵庫に保存して、温め直して食べるのもよいですが、冷凍保存して後日ボリュームある1品に変えてみてはいかがでしょうか。

残ったカレーやシチューは、ココットなど耐熱性の器に入れて冷凍しておきます。ジャガイモが入っている場合は、あらかじめ潰しておいてください。

食べたいときに、ココットに市販の冷凍パイシートをかぶせて、オーブンにかけます。

残り物とは思えないボリュームある1品になります。

また、保存容器などの中に薄くのばして冷凍しておくのもおすすめ。こちらもリメイクアイデアです。

切って重ねたパイシートの中に凍ったまま具として入れ、オーブンに。

カレーパイ(シチューパイ)が出来上がります。

同じカレー(シチュー)と市販品の組み合わせですが、簡単に違う1品となることで、飽きずにおいしく食べきることができます。

●食材を無駄にしないためにも、冷蔵庫の仕組みと日頃のお手入れが大事

せっかくおかずを冷凍庫や冷蔵庫で保存しておいても、その存在を忘れて、腐らせてしまっては本末転倒。食べ忘れることのない仕組みや、食材を埋もれさせない収納も考えておきましょう。

1/2ページ

最終更新:2/24(月) 21:10
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ