ここから本文です

コクヨのバッグインバッグは、バッグを“ビジネスモード”にする【今日のライフハックツール】

2/25(火) 6:01配信

ライフハッカー[日本版]

みなさんはショルダーバッグ派ですか、それともリュック派ですか。私は軽くて肩の負担が軽減されればどちらでも良い派ですが、カバンの中は整頓しておきたい人なので、グチャうぐちゃになりやすいという理由でリュックは敬遠しがちでした。

【全画像をみる】コクヨのバッグインバッグは、バッグを“ビジネスモード”にする【今日のライフハックツール】

しかし両手が自由になるのは魅力的なので、機会があればオススメのリュックとオススメのバッグ・イン・バッグを聞いて回りました。

そして出会ったのが、コクヨの『バッグインバッグ インナーバッグ Bizrack up A4タテ ブラック カハ-BR32D』です。

バッグをビジネスモードに

コクヨのバッグ・イン・バッグのテーマは、オフィスアイテムを数多く扱う会社らしく、「バッグをビジネスモードにする」というもの。

リュック用のバッグ・イン・バッグは、学生用リュックをオーガナイズするような仕切りになっていて、水筒を入れたり教科書を入れるのにいい作りになっているのが大半ですが、本品はワーク・エッセンシャルなアイテムを入れるのに最適な作りになっています。

使い勝手がいいポケット

例えば、A4ファイルが入る大きめなコンパートメントは3つ。それに、名刺入れやノートを入れるのにちょうどいいポケットがついています。

カバーが付いているので、中身を見られたくない時は蓋をしておくことも。それと耐久性は望めないものの、小さなハンドルが付いているので、バッグから出してオフィス内を移動することもできます。

表面と中身で色が違うので、モノトーンが好きでほとんどのアイテムが黒か白の私でも中身が迷子になってしまうこともありません。

出掛け先で持っていたいアイテムを常備

私はこのバッグ・イン・バッグを無印良品の『肩の負担を軽くするリュックサック』の中に入れています。

コクヨが推奨するアイテムを入れるのではなく、スマートフォンを入れるポケットにはエコバッグ、ノート用ポケットにはマスク、タブレット用ポケットにはエチケット用品といった風に、自分風にアレンジしています。

ガジェット類は常に使いますし、外出時には別のケースに入れて持っていきます。なので、この中には外出時に忘れては困るアイテムを入れています。

中身を移動させるだけなので、バッグを変えてファッションを楽しむ余裕も少しできましたし、今まで使い勝手が悪いと思っていた縦型トートバッグの出番も増えました。

いろんなお店でバッグ・イン・バッグを見ましたが、まさか自分にピッタリなのがコクヨだったとは思いもしませんでした。

縦型のバッグにピッタリのバッグ・イン・バッグをお探しの方は、チェックしてみると良いかもしれません。

Source: Amazon.co.jp

Photo: 中川真知子

中川真知子

最終更新:2/25(火) 6:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事