ここから本文です

バーチャルシンガー EMMA、活動休止へ 朝日放送テレビがプロデュース

2/25(火) 20:27配信

KAI-YOU.net

バーチャルYouTuber(VTuber)として活動するシンガーのEMMA HAZY MINAMI(エマ・ヘイジー・ミナミ)さんが無期限の活動休止に入ることを自身のTwitterで発表した。

ライブで姿を現した、EMMA HAZY MINAMIさん

EMMAさんは「応援してくださった皆様へ。」というコメントとともに直筆の手紙を投稿。

最後には「今まで本当にありがとう」とファンに呼びかけた。

憂いを帯びた歌声で人気だったEMMA

EMMAさんは、IPプロダクション・Fictyと朝日放送テレビによるバーチャルYouTuberのアクターオーディション「Ficty Virtual YouTuber Audition in Kansai supported by ABC」にて、甲賀流忍者!ぽんぽこさん、オシャレになりたい!ピーナッツくんの審査を受けて2018年11月にデビュー。

YouTubeやライブでボカロソングの「歌ってみた」やシティポップのカバーやアレンジ、オリジナルソングなどを披露し、その深みのある歌声で人気に。

艷やかなサウンドの上に乗る憂いを帯びた歌声。曲に漂う大人の雰囲気。その一方、フリートークになると見せる気さくな人柄も彼女の魅力だった。

2019年11月に行われたデビュー1周年記念ライブ「EMMA's BAR in TOKYO@Billboard cafe & dining」では、バーチャルシンガーのライブスタイルであるVRライブでもARライブでもなく、EMMAさん本人が会場に姿を現し、大きな話題になったことも記憶に新しい。

2020年に入ってからもMikazuki BIGWAVEさんらを迎えたオリジナルソング「metro」や、ボカロカバーアルバム『-Vocaloid Cover Selection- #373_1』『-Vocaloid Cover Selection- #373_2』をリリースしており、これからの活動にさらなる期待がされていた。

1/2ページ

最終更新:2/25(火) 20:27
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ